フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« アルバム「日本漬け」を聞いた | トップページ | DVDで見たヒッチコックの映画「汚名(Notorious)」 »

2017/01/14

こんどは R.ストーンズの新譜“ブルース・アルバム”を聞いてみた

20170114_blue_and_lonesome01

ローリング・ストーンズのニュー・アルバム「 BLUE & LONESOME 」を聞きました。
ライブアルバム以外のスタジオ・レコーディング製作としては実に11年振りとなるんだそうで、そんなにあいていたのかと今さらながら思いました。
しかも、レコーディングに要した時間はたったの3日!( ̄O ̄;)・・どうなっているんだ、と思いつつ耳を傾けました。

聞いてなるほどと思ったのは、全ての曲がストーンズのルーツであるブルースであり、そのカバーなのです。
ストーンズの初期の頃は、ほとんどがカバー曲のアルバムを出していたわけで、ほんとうにストーンズが好きで、愛して、日常的に聞き、プレイしていたブルースをスタジオで演奏し、オーヴァー・ダビングなしでギター、ベース、ドラム、(キーボード)のライブに近い形で録ったものになっていました。こりゃいいねぇヽ(=´▽`=)ノ


20170114_blue_and_lonesome02

スタジオでオリジナル曲を“びっちり”と神経張り詰めて作り上げた作品も良いのですが、こうしてストーンズのメンバーが愛してやまないブルースのいい曲を余裕を持って、しかも力も入れて演奏している姿は、今の彼らの年齢からくる味わいも加味されて、なんだかいい感じ!(゚ー゚*)。oO

しかも、隣のスタジオでやはりレコーディング中だったエリック・クラプトンが「ちょうどいいから手伝って」みたいな形で二曲参加しています(^^;)大物同士はやることがすごい。
そしてクラプトンが参加している曲はストーンズだけの曲とやはり曲調が異なって、この味わいもなかなか素晴らしい'(*゚▽゚*)'

さらに一曲、あのジョン・レノンがビートルズ解散後にドラムで起用していたジム・ケルトナーがパーカッションで参加している曲も一曲あります。懐かしいなぁ(*^^*)


20170114_blue_and_lonesome03

聞いているこちらも気負わず、リラックスして、ブルースの“いいところ”をたっぷり楽しめるアルバムになっていました。
チャーリー・ワッツも75歳とは思えぬいい演奏をしています。リンゴもそうだが、こうありたいものですd(^_^o)

ジャケットの“ブルー”なデザインもかっこいいこのアルバム、ぜひ聞いてみていただきたい作品でした(^-^)/☆


【Now Playing】 大人のジャズタイム / 島崎保彦他 ( ラジオ日本 )

« アルバム「日本漬け」を聞いた | トップページ | DVDで見たヒッチコックの映画「汚名(Notorious)」 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65505/64764005

この記事へのトラックバック一覧です: こんどは R.ストーンズの新譜“ブルース・アルバム”を聞いてみた:

« アルバム「日本漬け」を聞いた | トップページ | DVDで見たヒッチコックの映画「汚名(Notorious)」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック