フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 小沢昭一さんの対談集「日々談笑」を読んだ | トップページ | 映画「マイ・ビューティフル・ガーデン(This Beautiful Fantastic)」を見てきました »

2017/05/18

【はっPのアナログ探訪_0141: War Child / Jethro Tull ( LP )】

20170518_jethro_tull01

今回のアナログ探訪は私にしてはちょっと珍しい「ジェスロ・タル」の1974年のアルバムです。

当時はプログレッシブ・ロックにカテゴライズされていたように思いますが、当時聞いても今聞いても「ちょっと違うんじゃないか」と感じます。
たしかにシンセサイザーもプログレ的な使われ方をしている部分もあるし、インストゥルメンタル部分が長いし、割とギターソロで弾きまくるシーンもあるので、それっぽく感じますが、でも・・やはり・・かなり違う。

フルートを使っているというのが、特徴的で、アコースティックな曲などは非常に英国の古い民謡的な印象も感じさせるのです。
それに、演劇的。


20170518_jethro_tull02

お芝居やサーカスを観ているような気にもさせてくれます。
サウンドもクリアでおだやかです。
とてもアナログレコードにマッチします。

観劇チックに音楽を楽しめるような不思議なロックアルバム。
学生時代、私の周囲にはジェスロ・タルを聞いている人はほぼ皆無でした。
でも、オルガンやアコーディオン、マリンバ、サックスなどが入っているロック、なかなかです。


20170518_jethro_tull03

B面一曲目の「スケーティング・アウェイ・オン」や、二曲目「ザ・スィン・アイス・オブ・ザ・ニュー・デイ」などは軽すぎることなく、とてもポップでキャッチーなフレーズが目立ち、いい曲です。

あらためて聞いてみて、プログレというジャンルには収まりきれないジェスロ・タルの魅力を再確認しました。


« 小沢昭一さんの対談集「日々談笑」を読んだ | トップページ | 映画「マイ・ビューティフル・ガーデン(This Beautiful Fantastic)」を見てきました »

はっPのアナログ探訪」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65505/65297045

この記事へのトラックバック一覧です: 【はっPのアナログ探訪_0141: War Child / Jethro Tull ( LP )】:

« 小沢昭一さんの対談集「日々談笑」を読んだ | トップページ | 映画「マイ・ビューティフル・ガーデン(This Beautiful Fantastic)」を見てきました »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック