フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 平松洋子さんの「あじフライを有楽町で」を読んだ | トップページ | 益田ミリさんの「ちょっとそこまで旅してみよう」を読みました »

2017/07/19

【はっPのアナログ探訪_0144: ときめきのアクシデント / 原田知世 ( Single )】

20170718_tomoyo_harada01

原田知世さんがデビューし、フジテレビ系ドラマ「ねらわれた学園」の主題歌として歌ったものです。
1982年のことです。作詞・作曲は来えつこ、来生たかおの強力コンビ、力が入っています。

「時をかける少女」と同じ様な歌い方、というか、彼女には当時これが精一杯だったのではないでしょうか。でも、そのちょっと“たよりない”、“ふらついた”ような“迷って”いるような歌い方がたまらない魅力となっていました。
映画から入って来て、歌に行く、しかも通常の“アイドル感”のまったく無い不思議な子、全てが新しい感覚でした。

サウンドは80年代らしく、電子楽器が多用され、ギターやベース、ドラムの音もいかにもという加工された音。
当時は先端の音だったものが、今聞くと、懐かしくて、自分がやっていたバンドの音なども思い出し、涙ぐんでしまいます。

詩も、可愛らしく、しかもオシャレで、さすが来生コンビという作品に仕上がっています。
当時のいろいろなことも思い出されます。今のヒット曲じゃ、そんなこともなくなりました。


20170718_tomoyo_harada02

知世さんがつい最近出したアルバム「音楽と私」では、この曲をセルフカバーしています。
デビューした頃のシングル・レコード盤とは異なり、音はナチュラルでシンプルなアコースティック・ギター・サウンドです。

可愛らしい歌詞、オシャレな歌詞も、今の知世さんの年代のしみじみとした解釈が感じられ、しかも語りかけるような歌唱はあまりにもピュアで・・こっちでも涙ぐんでしまいました。
原田知世という人は、あの若い頃の魅力に負けず劣らず、女性としての魅力が益々輝きを増しています。
なんという素敵な女性でしょうか。

今の唱法も彼女が長い経験の中で見出したものだと思いますが、唯一無二のこの唱法、さらに磨きをかけていってもらいたいものです。

« 平松洋子さんの「あじフライを有楽町で」を読んだ | トップページ | 益田ミリさんの「ちょっとそこまで旅してみよう」を読みました »

はっPのアナログ探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 平松洋子さんの「あじフライを有楽町で」を読んだ | トップページ | 益田ミリさんの「ちょっとそこまで旅してみよう」を読みました »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック