フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017/08/31

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №016 千葉市若葉区・北谷津町/パインツリー・カフェ(たらこパスタ)】

20170829_pine_tree_cafe03

今回は“行ってみた”メインで“喰ってみた”です。
千葉市若葉区の国道126号(東金街道)沿い、平和公園入り口の交差点付近にあるカフェです。

看板こそ出ていますが、誰が気づくのだろう、というくらいわからないというか、ふつうは見つけられない・・見過ごすような場所にあります。


20170829_pine_tree_cafe02

見た目は完全に普通の民家。
でも、靴を脱いで入ってみると・・あらま別世界のカフェなのでした。


20170829_pine_tree_cafe01

ランチ時だったので、三種類あるパスタ・ランチの中から「たらこパスタ」を選びました。

お店の中は静かで、上品な雰囲気。
マダムたちの“隠れ家”的な存在にお見受けしました。


20170829_pine_tree_cafe04

窓から見える緑の風景は格別!
男にとっても“隠れ家”的に身を潜めたい場所になりそうです。


20170829_pine_tree_cafe05

パスタも「オクラ」が添えられていたり、かき分けていくと豆が現われたり、楽しい演出でした。そしてほどよいタラコの“塩っぱさ”が食欲をそそります。


20170829_pine_tree_cafe07

生き返るような気持ちで店をあとにしました。
ここは人知れず休憩したいとき、リラックスしたいときにはいいところだと思いました。


20170829_pine_tree_cafe06


【Now Playing】 Missing You / Blue Mitchell ( Jazz )

2017/08/30

「ジーン・ワルツ」を読んだ

20170827_gene_waltz01

『ジーン・ワルツ/海堂尊著(新潮文庫)』を読みました。

主人公の曾根崎理恵は、大学医学部の助教。
そして閉院間近のクリニックで五人の妊婦を診ている。五人それぞれが年齢、境遇、その他複雑な事情を持っていて、それだけでも読み応えがあるのですが、この本はさらに生命の意味や、尊厳、踏み込んでいって代理母出産というテーマにも“挑んで”(読んでいて挑むという表現がピタリと感じた)いました。

そしてそれらの重いテーマを抱えながら、それをエンターテインメント的に小説に仕立て上げる・・。著者の海堂尊さんの激しく勢いのある筆致に圧倒されました。

主人公の女性は、閉院間近のクリニックでも働いているのですが、閉院まで追い込まれたのは国(厚生労働省の官僚のやり方)のせいだと、国の行政にも立ち向かいます。
なので、主人公の属する大学では彼女が目の上のタンコブというか、邪魔で、抹殺したいような存在でもありました。

でも、彼女の講義は純粋な医学からは逸脱しながらも生徒には好評、それがまた大学側にとって許せないことに・・。

主人公の曾根崎理恵と大学、さらに国の対立と“戦い”はラストの緊迫感ある展開にまで及び、最後まで目が離せません。
曾根崎側につくかと思われた准教授も最後には戦いを挑んでくる・・が・・、大どんでん返しがラストに待ち受けています。言っちゃうとおもしろくないので書きませんが(^_^;)

クリニックで診ている五人の女性の人生模様、生まれてくる赤ちゃんの境遇、果てはクリニックの院長(癌で余命幾ばくもない)の奇跡的な赤ちゃんの取り上げなど、出産に立ち向かう個々の女性達と主人公とスタッフの姿に読んでいて涙が止らなくなりました。

主人公は冷静で、しかも理性的、合理的、策士でもありますが、周囲の女性達のあまりにも人間的な生き方が対象的で、そのコントラストの描き方にも深く感心してしまいました。

最後の最後まで息をも尽かせぬ小説でした。すごいっ!

ブックオフで108円で買ってきたけど…σ(^_^;)、内容は衝撃的でした。満点!


【Now Playing】 Sweet Cakes / Blue Mitchell ( Jazz )

2017/08/29

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №015 鎌倉市・御成町/パクチー屋 + カフェ(ガパオ・ライス)】

20170827_pakuchi_ya01

前回ご紹介した「写真展」のあと、鎌倉をてくてくと散策いたしました。
二時間近くも歩き、お腹が空いてしまい、お店を探し始めたのですが、げっ、ランチタイムが終了していて、どこも休憩時間に入っている模様・・。


20170827_pakuchi_ya02

何十分もうろうろしていたら、このお店を見つけました。

「パクチー屋・・か、一抹の不安があるが入ってみよう」とドアを開けました。
するとなんだかオシャレな感じ。
お客さんも、女性かカップルの方々で、ちょっと恥ずかしかったのですが、席に着きました。


20170827_pakuchi_ya03

私が頼んだのは「ガパオ・ライス」。
パクチーは好きなのですが、山盛りだったらどうしようと思いつつの注文・・でもOK ! d(^_^o)、ほどよい感じです。

もっとアジア感満載の味かと思いきや、日本人に合わせたような食べやすさ。
おいしくいただきました。


20170827_pakuchi_ya04

当日、外は暑くてたいへんだったのですが、店内は静かで涼しく、落ち着いた印象。
ビールもいただいちゃいました。
ああ、やっと生き返った・・(*^_^*)


【Now Playing】 みんな夢の中 / 高田恭子 ( 歌謡曲 )


2017/08/28

鎌倉に写真展を見にでかけた

20170827_kamakura_loveletter06

お誘いがあって、このブログでも以前いろいろなところに出掛けた“体育会系色白美人”のKさんが撮った写真が発表されていた『鎌倉ラブレター』という写真教室の卒業展を見てまいりました。


20170827_kamakura_loveletter01

写真展といっても、想像していたギャラリーのようなところに額に入った作品がうやうやしく飾られているものではありませんでした。
掲載している写真のとおり、なんだか楽しい展示です。
しかも、飲み物や軽い食べ物なども取りながらの楽しい空間になっていました。


20170827_kamakura_loveletter02

Kさんと私もソフトドリンクを取りながら、展示されているものばかりでなく、製本された写真集なども見せてもらい、良い時間を過しました。


20170827_kamakura_loveletter04

さまざま展示の仕方も楽しいし、なんていうか皆さんの気持ちがこの空間に舞っているような雰囲気でした。
こういう形の展示、初めての経験。


20170827_kamakura_loveletter03

Kさんが外国旅行したときの写真が写真集になっていたものも見せていただきましたが、すっかり“プロ”っぽい技術を身に付けたそれは、なかなか見応えがありました。


20170827_kamakura_loveletter05

・・それから、ふだん私が撮っている写真がいかに“行き当たりばったり”で、“その場しのぎ”なものであるかも、ひしひしと伝わってまいりまして・・ (・_・;反省いたしました&勉強になりました。

うきうきするような楽しい時間、鎌倉で過すことができました。
Kさん、ありがとうございました。
次回の作品、楽しみにしています。

2017/08/27

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №014 有楽町・東京交通会館/麺屋 ひょっとこ(和風柚子叉焼柳麺)】

20170825_yuzu_ramen01

今回は東京です。
地下鉄有楽町駅からは直接この東京交通会館の地下一階に入ることができます。
入ってそのままアンテナショップなどが並ぶ通路を真っ直ぐに行くと、カウンターしかない、小さなお店、「ひょっとこ」があります。

6~7人くらいしか入らないのれん越しのカウンター、常にお客さんは満員。
そのうしろに皆並び、通路は折り返しが出来るほどの行列です。
ほんとに小さなお店で、ひと一人やっと通れるくらいの狭い調理場でおじいさんがひとりで作っています(お手伝いのおばさんがもう一人)。

でもって、さっぱりとした和風ラーメンしかありません。
柚子ラーメンが“売り”ですから、そっちを選んだ方がいいです。このお店本来の美味しい透き通ったスープがより映えます。

私はチャーシューものせたものにしてもらい、東京勤務以来です、久しぶりにこのお店のさっぱりで、しかも超短時間で作るのに深い味がする別世界にいざなわれるようなスープ、厚めのシナチク、ふわふわのチャーシュー、そして柚子のほのかな香り・・まったく変わってないです!(゚ー゚*)。oO
おじいちゃんのふらふらとした絶妙な客扱いも健在d(^_^o)


20170825_yuzu_ramen02

初めてここで通路に並んでいる人達を見る通りがかりの人達は、小さなカウンターだけのお店を見て不思議な表情をして見ていますが、そのくらいに“ウマい”のです。

ここは超おすすめラーメンですが、少しばかり並ぶ覚悟をしないと食べられません。
でも、行きたいんだよなぁ。
柚子ラーメン、大好きな一杯です。


【Now Playing】 深層深入り 虎ノ門ニュース総集編(楽屋入り) / 居島一平 ( YouTube )

2017/08/26

花組「邪馬台国の風/ Sante ! !」見て来ました

20170825_flower_troupe01

宝塚歌劇団花組・東京公演『邪馬台国の風(古代ロマン)/ Sante ! ! ~最高級ワインをあなたに~(レビュー・ファンタスティーク)』を見てまいりました。

今回の公演はトップ娘役が花乃まりあ(かの・まりあ)さんから仙名彩世(せんな・あやせ)さんに替ってから初めての東京宝塚劇場公演でもあります。

ミュージカルの「邪馬台国の風」については、花組らしく、がっちりと作り上げた芝居物になっていて、主演の明日海りお(あすみ・りお)さんの演技・歌にスキはありません。
現在の宝塚を代表する“トップ中のトップ”としての風格、勢い、流麗さ、どれもナンバー・ワンと言ってよい印象でした。何よりも“魅力いっぱい”です、この人。素晴らしいっ!!

ストーリーは小国の乱立する邪馬台国の時代、神の声を聞くヒミコ(役:仙名彩世)と主演明日海さん演じるタケヒコの出会いと別れ、平和を求めた戦いが描かれたロマン溢れる宝塚オリジナル作品で、しっかりと作り込まれて、主要な人達にも適切な役どころがうまく配置されていて、楽しめました。

ただし、ストーリー自体はかなり平坦なので、特にご贔屓のスターがいなくて花組を見に来た人にとっては割ととらえどころがないような印象になってしまうかもしれません。
一幕終了後の周囲の反応を耳を澄ましてうかがっていると、「よかったぁ~」というのと、「えぇっ、私はなんだかなぁ、という感じだった」という両極端な感想が聞こえました。

私には両方とも理解できました。
そういう感じだったのです。

東京宝塚劇場トップ娘役お披露目の仙名さんは、もう実力も経験も十分で、トップ娘役として十分な活躍でした。さすがです。雰囲気も持っているし、しかもある意味“初々しさ”まで感じさせてくれて、昔のトップ娘役みたいに安心して見ていることができました。

芹香斗亜(せりか・とあ)さん、柚香光(ゆずか・れい)さんら主要な人達も光輝き、ファンにとってもうれしい演目だったと思います。
そして、悪役としてガツンといわせてくれた花野じゅりあ(はなの・じゅりあ)さんが久しぶりにやってくれましたねぇ(#^.^#)うまいっ!!

ただ、今回私の前に座っていた男性がどんどん身を前に乗り出してしまい、ステージのセンターがまったく見えない状態でした・・(T_T)・・肝心な部分が見えず、明日海さんら主要な人達が出てくればくるほどオペラグラスを両手を張り出して使い、全面をふさぐように上半身直立状態になってしまい・・見えないし、集中できないしで困りました。
一度肩をたたいて、「もう少し後ろの背もたれに寄りかかれませんか?」と言ったのですが、意味がわからなかったようでした。・・残念。


20170825_flower_troupe02

そして、休憩後のショーが始まると・・前の男性は居なくなっていて、別の女性が座っていました。何があったのでしょう。私の後ろの人からも劇場に苦情がいったのかもしれません。

ショーはどのシーンも満点ですっ!!
文句のつけどころなしd(^_^o)
男役も娘役もそれぞれにいいシーンがあり、にぎやかな場面も「こんなに華やかなステージ、花組ならではだなぁ」と、もう素晴らし過ぎて放心状態・・(*^_^*)

ラスト近辺、黒燕尾で大階段に一人たたずむ明日海さんを見たときに、息を呑みました。
そのあと、男役が揃っての黒燕尾のダンスを見ていて、もう涙があふれてきました。
なんてカッコイイんでしょう。
花組らしいよなぁ、大人のショーです。

パレードのときには、「花組、ありがとうっ!!」状態…σ(^_^;)
最高に満足できたショーでした。

明日海さんひきいる花組、層も厚く、堂々の公演でした。とてもよかった。


【Now Playing】 ナイツのちゃきちゃき大放送 / ナンちゃん ( TBSラジオ )

2017/08/25

「魔女のスープ -残るは食欲-」を読んだ

20170825_sawako_agawa01

『魔女のスープ -残るは食欲-/阿川佐和子著(新潮文庫)』を読みました。
以前にもこのシリーズ、ブログでご紹介しましたが、たしかこれでご紹介するのは三冊目。

相変わらずのおもしろさですd(^_^o)

いつものことで特徴的なのは、阿川さん、まだまだこれは何かに使えるだろうと冷蔵庫にしまい忘れ、「え~っと、これはなんだっけ?」と発見することが多々あるということです(^^;)

でも、最終的にはブランデーに漬けたり、それもヤバいとなると…(^_^;)ジャムにするという最終手段に出ることもありました。

パリパリな焼き餃子ばっかり所望する男子に、いやいや水餃子もつるりと入っていいのだぞ、という「パリパリつるりん」のお話も面白かった(*^_^*)

阿川さんのお父さんが書いたギトギトに濃いつゆに浸けて食べる冷や麦の一文を読んで娘の佐和子さんに「読んでみても作り方がよくわからないのです」という問い合わせをしてきたおばあちゃんに、阿川さん、実際に作ってみて、二回に渡ってその作り方を報告する一文もたいへん愉快でした。
そして、その冷や麦が子供の頃には美味しくなかったと感じたのに、大人になった今食べてみると、これが“美味しいっ”という結末もグッドでした。

友達夫婦の家での豚しゃぶの作り方があまりにもいいかげんで許せなく、鍋奉行となり、仕切ってしまい、「阿川、鍋に呼ぶとコワイ」と言われてしまった話なども楽しく読みました。

フランス料理からイタリアン、お寿司、外国で知った美味しいものから不味いものまで、次から次へと食べ物の話題であふれています。

今回も楽しめました!


【Now Playing】 Blue In Green / Bill Evans ( Jazz )

2017/08/24

「酒呑まれ」?を読んだ

20170824_sakenomare01

『酒呑まれ/大竹聡著(ちくま文庫)』という本を読みました。
著者大竹さんは、雑誌『酒とつまみ』を創刊された方、そしてあの「なぎら健壱」さんから「酒呑みではなく、酒に呑まれる“酒呑まれ”だ」と呼ばれた方・・(^_^;)

この本は書き下ろしで、大竹さんの子供時代から現在の“酒呑まれ”状態になるまでの一代酒呑まれ記となっておりました(*^_^*)

すごいよぉ~、なんたって中学生の頃から酒を飲んでいるんだ。
親もすすめたりしている。
小学生の頃だって親は少年野球の監督、コーチ仲間と練習後は酒盛りし、著者はそれをみて酒盛りの雰囲気を楽しんでいるようだ。
すでにその頃ご相伴にあずかったりしているが、大人はそれを止めようともせず、むしろ喜んでいる・・そんな時代だったのか。

中学、高校、そして二部に進んだ大学時代、その間のアルバイト時代・・すでに酒に呑まれ、読んでいるだけだと、かなり荒んだ生活のようにお見受けしました。
面倒を見てくれる人達も何人もいますが、結局裏切るようなハメになっていること多し。
でも、何年後かにその関係が実を結んだこともあって、人生と酒の裏表が見え隠れして、まさに酒のように沁みてくるお話が前半に書かれていました。

フリーランスとなってからの仕事ぶり(特に取材に様々なところに出掛けて行き、そこで飲む酒の話)の様子も生き生きと書かれていて、そこがハイライトだと思いました。
いい話、楽しい話、ちょっと笑ってしまう話、それ“あるある”みたいな話が満載です。

後半に出てくる「バー」に通うようになった著者が出会ったマスターとの会話やエピソードも珠玉の“酒話し”で、深くうなずいてしまうのでした。

とにかく最初っから最後まで、人生と酒の渦巻くような逸話の数々、あなたのような酒呑み(酒呑まれ?)にはぴったりの本ですよ!d(^_^o)
呑兵衛のみなさん、ご一読を。


【Now Playing】 今夜は踊ろう / 荒木一郎 ( 歌謡曲 )

2017/08/20

知れば恐ろしい「日本人の風習」を読みました

20170820_kouji_chiba01

『知れば恐ろしい「日本人の風習」/千葉公慈著(河出文庫)』という本を読みました。
著者は千葉県市原市出身で、駒澤女子大学教授。市原市出身ということで、千葉市のお隣、私にも馴染のある風習などについても書かれていました。

現在の葬式では黒装束で参列するが、昔は“白”だったという話や、夜に口笛を吹いたり、爪を切ってはならないと言われるのは、どういうことからか、などという私たちの日常にまだ“生きている”慣わし、風習の謎について、その来歴なども書かれていました。
なので、タイトルにあるように“知れば恐ろしい”というエピソードは実際にはそんなにありませんでした。
これは、タイトルで読者に興味を持ってもらうための編集者の“工夫”みたいなものですね(*^_^*)

ひとつ、たいへん気になった項目がありました。
「お稲荷さん」についてです。
仏教では稲荷のことを「茶吉尼天(だきにてん)」と呼び、元来はインドのシヴァ神の妻にして、破壊と殺戮の女神カーリーの従者だったのだそう。
インドの数ある神々の中でも、生きた人の肝や肉を食うヒンズー教の魔神として恐れられていたとのこと。

でも、ブッダから生者の肉を食うことを禁じられ、以来、ダーキニーとその末裔たちは寒林(墓場)に住み、死者の肉だけを食べるようになった・・。

それ以後は半年前に人の死の予期をすることができるようになったり、ダーキニーに自分の肝を捧げる約束をすると願いを叶えてくれる、などの信仰対象になったのだそうで・・。

・・・私、子供の頃、“こっくりさん”というのを友達とやっていて、あなたは誰ですか?と尋ねると、「狐」であると言われ、「どうぞお下がりください」と言っても「いやだ」と帰ってくれなくなったことがありました。
そのときの恐怖ったらすごいものでした。

挙げ句に、その「狐」さまは、「午前零時に神社の境内に“犬の生肉”を持って来い」との命令を下されたのでした・・・(T_T)

結局、生肉はもちろん持って行きませんでしたが、人生のピンチ、最大の恐怖の記憶として残っています。
この本を読んだ今にして思えば、あの“こっくりさん”は、「ダーキニー」?!


【Now Playing】 A Day In The Life / The Beatles ( Rock )

2017/08/18

「泥酔懺悔」を読んだ

20170818_deisui_zange01

『泥酔懺悔(でいすいざんげ)/朝倉かすみ他11名(ちくま文庫)』という本を読みました。
朝倉さん他、平松洋子さん、室井滋さん、山崎ナオコーラさん、三浦しをんさんなど、多彩な方々の“酒飲み”に関するお話がぎゅっと詰めてありました。

飲めない人もいました。
そしてそれらの人達は、泥酔する輩の行動について、「いつから酔い始めたんだ?」「人の話を聞いているのか?」「なぜ今まで酔っていいかげんに話を聞いていたのに、突然醒めたように冷酷な締めの言葉を発するのか?」など半分怒っている状態でした。
さらに泥酔した人を介抱してあげたのに、自分の服や靴に嘔吐された・・・などのひどい話も登場。
さらにそんなひどいことをしたにもかかわらず、記憶がないってのはどういうこと?!という理解不能な泥酔者達の行動に対するご意見もあった。

飲める人は、「飲まなきゃ自分の人生始まらないんだよ」「生中2杯?そこまでは“水”と同じだろう!」ってのもいました。
どうやって家に帰ったのかわからない、なぜ人の家の寝袋にぶち込まれていたのか、それが問題だ、などというわけのわかんない人もいます。

初めて酒を飲んだ話、初めてコンパに行った話、年下の男と海辺でビールを飲みながらしみじみと語り合う話、どれもこれも酒にまつわるどうでもいい話だが、でも面白い!(^_^;)
そんな酒飲みにしかわからない、そして下戸にしかわからない話満載です。

えっ?!お前はどっちだ?って。
私はどっちの気持ちもわかるのです。
基本的に飲んできた人生ではありますが、途中でまったく飲まない時期が何年もありました。
でも、特にお酒が恋しいということもありませんでした。そのときには、酒飲みの気持ちがよくわからないという感覚が確かにありました。

ま、お互い迷惑をかけないように過していきましょう。
基本的に呑兵衛の飲み会には下戸は誘わない方がいい、互いにろくなことにならないというのが今までの経験でわかっています。そしてお互いが相手に対して変な恨みのような感情を持つことがある・・。

とりあえず、この本を読んでから仲の良い飲み友達と、この本をネタにして一杯やってみたらいかがでしょう。
下戸の方々もコメダ珈琲などで甘いものでも飲みながら“泥酔者達”の悪行三昧をやり玉にあげて楽しんでみたらいかがでしょう。

以上です。


【Now Playing】 Dig A Pony / The Beatles ( Rock )

2017/08/17

「しっくりこない日本語」を読んだ

20170816_yasuo_kitahara01

『しっくりこない日本語/北原保雄著(小学館新書)』を読みました。
著者は国語学者で、現在は新潟産業大学学長をつとめられています。
私よりも年代はずっと上の方ですが、日本語に対する感覚は割と近い感じがしました。
でも、私もけっこう指摘を受けそうな言葉づかいをしているんですけどね・・…σ(^_^;)

「きれくなる」→きれいになる・・という意味でしょうか。
著者同様私も使わないです。

「思惑」を【しわく】と読む人・・「おもわく」と私は読みますが、けっこう私の上司だった人達も【しわく】と読んでいました。最初は何のことかわかりませんでしたが、ああ「おもわく」のことだな、と後でわかったことがありました。
[困惑]や[迷惑]などの語と混同しているのかもしれません。

「気が置けない」は、本来の「遠慮する必要がない」「気が許せる」という意味にとっている人が少なく、逆の意味にとっている人が多いとのことですが、私はそのことを知ってるにもかかわらず、どう取られるかわからないので、使えないのです。
逆の意味にとられてしまう可能性があるわけですからね。

その歌の「さわり」だけ聞かせてください。
・・これも、「さわり」は本来、歌でいえば“サビ(聞かせどころ)”にあたる部分のことを言うのですが、でも一般には[最初の部分]だと思っている人が多いのではないでしょうか。
・・だから、勘違いされると思われるので、使えないのです。

<ら抜き言葉>の「着れる」「出れる」「見れる」などがいい例だと思いますが、多勢に無勢で若い人は(けっこう年配者も)使っています。・・これも私は使わないのですが、もう時間の問題で主力になっていくかと思われます。

それが高じて「考えれる」「わきまえれる」「信じれる」なども勢力を増そうかという状況ですが、ここまでくると“バカっぽい”ので、まだまだ大丈夫かも・・。

読んでいくと、著者が感じ取っているように日々日本語は変化し、誤った使い方が正しい使い方を駆逐していく様子がわかります。
そしてさらに著者や対談を終盤でされている梶原しげるさんもおっしゃっていますが、「そうだとしても、自分はその誤りを指摘し、最後まで正しい使い方をしていたきたい」というわけです(^_^;)
で、私もその一派です。

言葉には敏感にありたいな、と思いつつ本日の書き込み終了です。
でも、私も多々間違った使い方をしていると思いますので、その際は遠慮無くご指摘ください。勉強になるので。
よろしくお願いいたします。


【Now Playing】 ロゴスピラミッドグリルコンパクト考察 / 与力さん ( YouTube )

2017/08/16

かまやつさんの音楽を聞き、お話を聞き、エピソードを聞き、コード進行の妙を知り、あたたかい気持ちになった

20170815_hiroshi_kamayatsu01

たまたま YouTube で、いろいろなギタリストのプレイをザッピングするように見ていたら、亡くなられたムッシュことかまやつひろしさんがギタリストのチャーと対談しているものを見つけました。


20170815_hiroshi_kamayatsu03

ふたりのギター好きな様子、そして変わったコード進行の話はあまりにも面白くて、食い入るように見てしまいました。
ムッシュのいつもニュートラルっていうか、大巨匠なのにそんなことをちっとも感じさせない姿、話しぶりも心に“じん”ときました。


20170815_hiroshi_kamayatsu02

それからアルフィーの坂崎幸之助さんたちとレコード盤を聞きながらのお話という映像も見たのですが、古いスパイダース以前の音源や、スパイダース時代の名曲なども掛かり、いやもう実に良い曲ばかり。
ギターと音楽を愛するかまやつさんのさまざまな曲をあらためてしみじみと聞いてしまいました。

「あのとき君は若かった」「真珠の涙」「ノー・ノー・ボーイ」など聞いていて涙が出てしまいました。
それに皆、かまやつさんを尊敬しているし、愛していることがよく映像からも伝わってきました。

私が持っている古いレコードから、スパイダースの曲をまた聞き直してみようと思いました。そのときはこのブログの「アナログ探訪」のコーナーでまたご紹介いたしますね。


【Now Playing】 我が良き友よ / かまやつひろし・吉田拓郎 ( YouTube )

2017/08/15

「德川慶喜家にようこそ」を読んだ

20170813_tokugawa_yoshitomo01

『德川慶喜家にようこそ -我が家に伝わる愛すべき「最後の将軍」の横顔-/德川慶
朝著(文春文庫)』を読みました。ブックオフで買い求めた1997年初出の本です。
著者は最後の将軍、德川慶喜からみたら“ひ孫”にあたる慶朝氏です。

最近古本として買ったのですが、今年は大政奉還から150周年なんですってね。このタイミング、偶然ですがちょっと驚きました。

著者も書いていますが、この本では大政奉還までの激動の歴史的出来事、その際慶喜が取った政治的な行動などについてはほんど一切書かれていません。
ようするに、その後の慶喜公とその家族、子孫の暮らしについてが主な内容です。

大政を明け渡してしまったことで恨んでいる人達もいると著者が書いていますが、慶喜は大事のあと、様々な趣味を持ち、どれも本気で取り組み、玄人はだしだったようです。
静岡や東京の屋敷の様子や、そこでの出来事、親や親類から聞いた慶喜公その人の人柄などについてふれていて、慶喜公本人が写真に撮られることも撮ることも好きだったこともあって、多くの写真が残されており、それを見ると「意外と江戸の時代は近いところにあるのだな」と思いました。

だから遠い歴史上の出来事というよりも、とても身近にそれぞれのエピソードが感じられて、「慶喜公に会ってみたい」なんて思ってしまいました。
最後の将軍なのですから、やや浮き世離れしたところはあるかもしれませんが、人としての魅力をたたえた人だったようです。

慶喜公のあと、慶久は30代で急逝(とても優秀な方だったようで「将来は総理大臣になるのでは」と言っていた人もいたようです)、そのあとの慶光は戦時に兵隊としてとられ、戦地での病気など、たいへん辛く厳しい生き方を余儀なくされたのがわかりました。

そんな中の家族の様子なども著者の父母のことなので詳しく書かれていて、やがて財産なども納税のためにほとんど失い、今や德川家はマンション住まいとなっていて、著者はサラリーマンから独立して写真家となって(慶喜の血を引いた?)います。

全く普通の生活をされているようですが、名を名乗った途端に「德川ってあの德川?!」ということになり、宿などでも大歓待されたりして、むしろそれが煩わしいなどということも書かれていました。

私はよく「好きな戦国武将は?」などと聞かれると「人殺しに好きな人はいません」と答えるのですが、この本で語られている普通の人としての慶喜以降の人達の生き方にとても興味を持ちました。
庶民の生き方、人生の過ごし方にふれて、最後の将軍がどのような事をしたのか、どういうふうに暮らしていったのか、たいへん面白く読みました。
慶喜やそのあとの慶久などは武士でなくとも、一般の人々から見ても魅力的な人だったのかもしれません。

その後に次ぐ著者を含めたお二人も何らかの“血”を感じさせる行動をしています。
あっという間に読み終えました。

あまり内容にふれるとせっかくの慶朝氏の著書売れ行きに影響してしまいますので、ぜひとも詳しい内容については直接読んでみてください。
面白い本でした。


【Now Playing】 Hello Goodbye / European Jazz Trio ( Jazz )

2017/08/14

どこでもどっこい猫は生きている

20170812_the_cat01

前回は上野の路地を歩いた話でしたが、その途中、アメ横から脇道に入り、路上にまではみ出している居酒屋の脇を通り、さらに人がやっとすれ違うような路地で睡眠中の猫を見つけました。

だいぶ汚れて、耳もちょっとしなびたようになっていましたが、堂々と黄金のうたたね中でした。
かなりの喧騒と日差しの強い中、この猫さん、たくましく生きているようでした。
「エサをやらないでください」との貼り紙もあったので、いつもここにいるのでしょう。


20170812_the_cat02

写真のように建物の裏側、エアコンの室外機の上です。
反対側にも別の建物の室外機があって、熱風も出ていたのですが、“どこ吹く風”です。

たくましく生きていってくれ・・。


【Now Playing】 A Day In The Life / Manhattan Jazz Quintet ( Jazz )

2017/08/13

上野で仕上げを

20170812_ueno01

前回、国立西洋美術館でのアルチンボルド展鑑賞について書きましたが、我々家族三人は長時間の鑑賞後、お腹が減って「アメ横」のある方の界隈に行ってみました。

あの有名なチョコレートのたたき売りなども見学し、ごった返している路地をウロウロ。

ちょうどよさそうなお店を見つけ、突入!

結局お酒を飲むのは私だけということで、妻はトマトジュース、長女はカルピスソーダで乾杯。
写真のように焼き鳥などをやっつけました。


20170812_ueno02

私のおごりだと思うと遠慮会釈はありません(^^;)、刺身三種盛り、ふぐの唐揚げ、ハムカツ、明太とポテト、などガンガン頼みやが・・頼まれて、昼間っから盛り上がりました。
アルコール的に盛り上がっているのは私だけですけど…σ(^_^;)

食べ終わると、またまたあちこちの路地やお店を見学。


20170812_ueno03

そして・・。
気になった喫茶店があったんだけど、と妻、長女に言われて来た道を戻っていくと、「王城」という、どう見ても昭和40年代風なレトロ喫茶に到着。
外観も、内装も昔の映画に出て来そう、森繁久弥さんなんかが珈琲飲んでそう・・(゚ー゚*)。oO


20170812_ueno04

店員も女性は、誰もが昔の喫茶店のウエイトレスといえばという服装。
男性は蝶ネクタイでした。


20170812_ueno05

妻と長女がねらっていたのは、「アフォガード」という、アイスクリームに熱い珈琲をかけて食べるというもの。

写真は「王城風アフォガード」、たっぷりと器に入ってきたこってりアイスを珈琲かけて濃厚&さっぱりといただきました(#^.^#)

他のお客さんが注文していたナポリタンなどは三角にうずたかく盛られ、おいしそうでした。また、サンドイッチなども、昔の喫茶店にあんなサンドイッチあったよなぁ、という懐かしい感じでお皿にのっていました。

レトロ喫茶でシメて、今回の上野のお楽しみはおしまい。
いい一日になりました。


【Now Playing】 Midnight Mambo / Sony Clark ( Jazz )

2017/08/12

アルチンボルド展に行ってきました

20170812_arcimboldo01

国立西洋美術館で開催されている「アルチンボルド展」に、妻、長女と共に行って来ました。

アルチンボルドは、16世紀後半にウィーンとプラハのハプスブルク家の宮廷で活躍したイタリア・ミラノ生まれの画家です。
妻も長女もNHKの日曜美術館などで事前に予習をして行く気満々でして、私もノコノコ着いて行きました(^_^;)

写真はミュージアムショップで買い求めたポストカードの一部ですが、もうとにかく異彩を放っているというか、特異な絵です。

遠目に人の顔かと思っていると、それが花や、果物、野菜、動物、魚介類などの精密な絵が組み合わされて人の顔を構成しているのです。
最初にこの絵を知ったときには、驚きと共に強烈なショックを受けました。
宮廷でもてはやされたということは、「どうだこんな絵、誰も持っていないだろう」みたいなこともあったのでしょうか。
単純に面白がることの出来ないような、摩訶不思議かつ、ある意味おどろおどろしい感じさえする作品の数々でした。

妻や長女は熱心に、しかも楽しげに見ていましたが、私は特に魚が組み合わさって人の顔になっている作品などには目眩がして、嘔吐しそうになってしまいました。こんな感覚になる人はいないんでしょうね・・会場は大盛況でしたが、皆それぞれ興味深そうで楽しそうに鑑賞していました。

私は「冬」という人間の顔が古木のようなものを中心に作られているような枯れた作品には心ひかれ、長い時間見つめてしまいましたが、作品によっては早々に退散・・みたいなことになってしまいました。

展示点数もかなりのもので見応えがありました。
「アルチンボルド」で検索するとある程度予備知識を得ることができると思いますので、気になられた方は上野まで足を運んでいただいても決して損なことにはならないと思います。
好みはありますが、なかなか充実した展示でした。


【Now Playing】 オトナのジャズタイム / 島崎保彦他 ( ラジオ日本 )

2017/08/11

二十数年ぶりの再会

20170811_garden01

先だってこのブログに同窓会の打ち合わせの件で揉めて、結局同窓会に参加出来なくなった話を書きました。
当初、私はその揉めた相手から電話を掛けて誘えと言われて何人かに誘いの電話を掛けたのですが、そのときに同窓会の参加は断られたが、個人的に今度会おうという話になった友達がいました。

中学、高校と一緒だったのですが、今日、二十数年ぶりに会いました。
同窓会には出られなくなりましたが、でも一人の同窓生と会うことになったわけで、そのきっかけを作ってくれることになった今回の同窓会騒動にはちょっと感謝しています。

中学、高校のときにはよく音楽の話をしました。
きょう会ったら、それなりに互いに歳は取りましたが、あっという間にあの時の二人に戻りました。

ふだんは周囲に70年代のロックや、50年代のジャズ、そしてクラッシックの話などを話せる友がいないので、二人ともあの時に戻って一気にそんな話に花が咲きました。
二人ともこんなに簡単に元に戻れるとは思っていませんでしたが、会って良かった・・。

会う前はけっこう心配しました。
何か「お前は変わったな」などと言われたらどうしようとか、「相変わらずで成長しとらんな」などとも言われたら泣きたくなるだろうな・・とか、(^^;)。
でも、心配いらなかったです。
こんなことなら臆病にならず、もっと早く連絡してみればよかったと思いました。

そして、私が行けなくなった同窓会。
明日開催なのですが、もし行っていたら、皆十年以上、二十年ぶりの人ばかりなので、互いの様子を探り合ったりして、神経すり減らしただろうな、などとも思いました。
うかつに聞けないこともあるし、前回の同窓会時にも、やはり結局ほとんどの人とは表面的な話はしたけれども、今日会った友のように深い話までは出来ませんでした。
そういうのも、今回の同窓会幹事の一人として動いていたときに、ちょっと気が重かった原因になっていたのだと思います。

とりあえず、今後は仮に同窓生と久しぶりに会うのだったら、複数で会わずに個人的に会おうと思いました。その方がゆっくりと、とても深い話が出来ることが今日確認できたので。

今日はいい日になりました。


【Now Playing】 She's Leaving Home / The Beatles ( Rock )

2017/08/10

日本エッセイスト・クラブ編「散歩とカツ丼」を読みました

20170810_sampo_to_katsudon01

『散歩とカツ丼/日本エッセイスト・クラブ編・'10年版ベスト・エッセイ集(文春文庫)』を読みました。もちろんブックオフ価格でd(^_^o)

ここに登場するエッセイはプロ・アマの競演で、それぞれの人生模様が浮かび上がってくるようで、心底“堪能”いたしました。どの人の文もうまいっ!!

タイトルの「散歩とカツ丼」を見て、どこかで永井荷風が出てくるのかな、と思っていましたが、ラストに作家・コピーライターの新井千裕さんの一文があり、荷風先生の市川在住時の散歩道のことが書かれていました。

漬物が幸せのバロメーターであるという話も面白かった。
ようするに手間ひまかけてする漬物づくりは、夫婦間にいざこざがあったりすれば、せいぜい浅漬けになってしまうのだ、というもので、漬物ひとつでもこんなに人生模様を感じさせる文章が書けるのだと、あらためて思いました。
私がブログで書いていることなぞ、浅い・・浅すぎる・・。

東京駅内の蕎麦屋で見かけた美人の鮮やかな“食い逃げ”の話も、その展開、スピード感が素晴らしく、これは読んでみてほしいです。食い逃げも鮮やかにやられてしまった話ですが、読んでいるこちらは著者にもその見事な書きぶりに“やられて”しまった感がありました。

居酒屋に入って、そこの客の会話などを聞いているだけで世の中の動きが見えてくる話もありましたが、これは鋭い観察眼(耳?)と、理解力無かりせば語れないものだとも思いました。
どの著者も人の言葉や、世の動き、ちょっとした出来事などにとても敏感です。見習いたい。

著者も作家のみならず、お医者さんや学者、写真家、染織家など多彩で、楽しく読めましたし、勉強になることがたくさんありました。
いいエッセイ集でしたよ。


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / 研究者 飯田忠義 ( NHK-AM )

2017/08/09

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №013 千葉県君津市/亀岩の洞窟(濃溝の滝)】

20170807_noumizo_no_taki02

前回に続いて君津市です。今回は“行ってみた”です。
私はわりと最近知ったのですが(・・遅すぎる?)、SNSで神秘的だと話題になったタイトルにもある濃溝の滝に行って来ました。facebookで別写真をご紹介済みですが、期待半分で妻、長女と共に出掛けました。

勝手に“ひっそり”とあるものだと勘違いし、最初はにぎやかそうな駐車場があるなあ、などと通り過ぎてしまいました(^_^;)

妻から「ひょっとしてあれじゃないの」と言われ、逆戻りしてみるとまさにそこが見学用施設の駐車場でした。
観光バスまで入ってくるし、県外ナンバーのクルマもどんどん入ってくるので驚いてしまいました。そういうことに疎い私はけっこう驚きましたよ。

最初の写真は滝まで降りる途中で撮った写真。
なんだ、いいところじゃないの、と素直に感じました。
変なマナーの悪い観光客もいないし、皆、静かに、家族連れ、カップルなどが景色を楽しんでいました。
帰りは自然を感じつつ木道を歩くことになるのですが、そちらも散策を楽しむように皆、とても和やかな感じです。


20170807_noumizo_no_taki01

ほどよい混み具合とそれぞれが時間を取って写真も撮れるし、SNSのおかげでけっこういい状態になっているように思いました。

太陽の光の入り方によっては、“腕のある”人はかなりいい写真が撮れそうです。

それぞれがそれぞれに楽しんでいる光景が印象に残った「濃溝の滝」でした。


【Now Playing】 The Man I Love / 青江三奈 ( Jazz )

2017/08/08

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №012 千葉県君津市大戸見/村のピザ屋 カンパーニャ】

20170807_mura_no_pizza01

今回は「喰ってみた」編です。
千葉県君津市にある「村のピザ屋 カンパーニャ」です。
妻、長女と出掛けました。


20170807_mura_no_pizza02

ほんとうに“村”と言って過言ではない。
田んぼと山しかない、そして青空のみ!
いやもう時間が止っておりましたよ、いいところ。


20170807_mura_no_pizza03

古い昔ながらの家屋を改造してちょっと素敵なピザ屋さんにしたという感じ。
最初は土足で上がっていいのかな?と、戸惑ってしまいました。


20170807_mura_no_pizza04

でもって中はとてもくつろぎましたぁ~ヽ(=´▽`=)ノ
石窯ピザも美味しぃ~っい!!
ルッコラとプロシュート、四種のチーズのピザ、そして妻がチョイスしたのは“イチジク”の干したものが入ったピザ・・蜂蜜を掛けて食べる・・d(^_^o)でした。


20170807_mura_no_pizza05

テラスの他にも、ご主人が一生懸命作っているタイル張りの庭も出来上がっていました。お話を聞いたら、まだまだいろいろやりかけみたいでした。
・・それについては、 facebook もご覧になっている方には別途写真でご紹介しますね。

とにかく、美味しかった。
駐車場に停まっていたクルマのナンバーを見ると湘南ナンバーから練馬・足立ナンバー、さらに他県のナンバーも見かけました。
けっこう有名なんでしょうね、千葉に住んでいて知らなかったなぁ(#^.^#)

ここは“おすすめ”ですが、びっくりするような、なぁ~んにもないところにあるので驚かないでね(*^_^*)


【Now Playing】 Catch Me If You Can / Baby Metal ( MetalRock )

2017/08/07

「たとえば、ブラッキーとクラプトン」読みました

20170806_blackie_and_clapton01

『たとえば、ブラッキーとクラプトン -ぼくらが恋した伝説のギターたち-/細川真平・近藤正義著(リットーミュージック)』を読みました。

これは、ロックファンなら誰もが知っている、誰もが憧れたギタリストとその愛器についてギター大好きな人が書いた本と言えます。
ギター小僧でなかった私にも、とても興味深く読めました。

エリック・クラプトンのストラトキャスター、愛称ブラッキーは、多くの人が指板も剥げ、ヘッドの部分に煙草の焼け焦げがある、ああ、あのギターって思い浮かべることができるでしょう。
それに、クイーンのブライアン・メイが暖炉にあった木を削りだして自作したレッド・スペシャル、世界で唯一の素晴らしいデザインとフェイズサウンドのギター、これも知らなかったらロックファンじゃありませんよね。
そんなギターの持ち主とギターの物語がこの本です。持ち主が次々と変遷していくギターも多々ありました。

私が気になったのは、ルーシーと呼ばれた赤いレスポール。
そう、ビートルズのプロモフィルム「レボリューション」でジョージが弾いていたギターです。

クラプトンがジョージにプレゼントし、ホワイトアルバムの「ノット・ギルティ」レコーディングでジョージが使っていましたが・・これは“ボツ”に・・。
そしてそのプレゼントしたギターを使わせてもらってクラプトンがあの名演「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」を弾いています。

今、写真を見ても風格あるレスポールです。

そしてこのギターでジョージは「サムシング」を録音し、クラプトンはまたこのギターをジョージから借りて「レイラ」をライブで演奏。
二人の妻になったパティと二人が繋がっている間はずっとこのルーシーというレスポールがクラプトンとジョージ間に存在しているという印象があって、不思議な気持ちになりました。

あとはビートルズ好きの私としては、ジョンのエピフォン・カジノです。
この本には映画「レット・イット・ビー」でジョンが屋上で弾いていたときの状態の写真が掲載されています(塗装がなく、ナチュラル・ウッドなボディ)が、実は日本公演でジョンが弾いていたのもこのギターで、あのときはサンバーストの塗装が施されていました。ジョンがボディの“鳴り”をよくするために塗装を剥がしてしまったんですね。
さいたまにあったジョン・レノン・ミュージアムにもこのギターが展示されていました。私は感動に震えて動けなくなくりました。

私はジョンというと、リッケンバッカーの黒白のショートスケールギターか、このカジノを思い出します。
アップル屋上での「ゲット・バック」、ジョン渾身のソロがギターの姿を見ただけで思い起こされるのです。

で、そんな思い出のギターのお話が、数奇なミュージシャンの運命なども含め、語られているこの本、ロックファンにはなかなか読み応え、見応えのある本でした。


【Now Playing】 Revolution / The Beatles ( Rock )

2017/08/06

女心についての十篇「耳瓔珞(みみようらく)」を読みました

20170805_moyoko_anno01

『女心についての十篇 耳瓔珞(みみようらく)/安野モヨコ 選・画(中公文庫)』を読みました。
名だたる(円地文子、川端康成、白洲正子、岡本かの子、有吉佐和子、芥川龍之介、織田作之助ら)作家の女ごころの“ひだ”を味わう傑作選です。

女の胸をかき乱す、淋しさ、愛欲、諦め、悦び・・などを著わした作品を味わう本です。
様々な作家が書いたものですが、それぞれがそれぞれにインパクト強めで迫ってきました。

いきなりですが、結論として・・女ごころは・・まったくわからん・・・。

だから・・文学になるんですよね。

だから・・男は一生、女の虜となり・・一生、女のために右往左往することになるんですね。

たとえば、川端康成の「むすめごころ」などは、主人公の女性が、自分が好きな相手に自分の好きな友を紹介して、二人をなんとか結びつけようとする。
そんな中、その好きな男から求婚されてもなお、自分の友と大好きな男を結びつけようとする。

そんな状況に苦悶しながら、ついに二人を結婚させた上で嫉妬含みの感情を自分で確かめ、なんだかわからないが、納得するような感情を得る・・。
さらに結婚した方の親友の女性も、「彼は三人で暮らしたいと言っているくらい私たちは仲が良い」みたいな発言をしていて、・・???です。

でも、それを文学として読んでいくと、三人の時間の経過とその空間がたまらなく狂おしくも刺激的、そして不思議な感覚が渦巻くのです。

どの話も“強い”ので、楽しめました。
女ごころの奥の深さにふれたい男性にも女性にもおおすめ本です。


【Now Playing】 土曜ワイドラジオ東京 ナイツのちゃきちゃき大放送 / ナイツ ( TBSラジオ )

2017/08/05

映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』を見ました

20170804_the_mummy01

映画『ザ・マミー(呪われた砂漠の王女)・The Mummy/2017年・アメリカ 監督:アレックス・カーツマン 主演:トム・クルーズ』を見ました。
予告編を見て興味を持ったのです。

古代エジプトのアマネット王女が王位継承順位一位であったにもかかわらず、父のメネプレト大王に男児が生まれたため権力への夢が潰えた・・。
アマネットは魂を売って邪悪なモンスター的なものに変わってしまう。

そして神官に永久に生き埋めに処せられ、現代に至る。
空爆された場所から棺が現われ、その後はアマネットが蘇り、大変な事態になる、というお話です。


20170804_the_mummy03

いやもう怖かったです( ̄O ̄;)
ロケの映像や、墓場のセット、発掘現場のセットも、その他CGと思われる映像もすごいものでしたが、ストーリー的にも、展開も、お客に悲鳴を上げさせようとしていることがよくわかる感じ (・_・;

ちょっと聞いたところによると、国外で上映された際には、あまり評判がよくなかったらしいですね。
それはストーリー展開に無理があるというか、理解し難いものがあったり、説明足らずな部分が多々あったりで、私も何でこんなにわざわざ複雑にするのか、と思う部分がありました。


20170804_the_mummy02

でも、まあ娯楽作品的な方向によく寄せて作られていたと思います。
蘇ったアマネット役の女性もなんだか魅力的だし、時々飛び上がるくらいびっくりしたりしましたが、それもエンターテインメント的に効果が出ているということで・・。

映像やストーリー、トム・クルーズ他の演技などを映画ファンとして楽しむには十分な作品でした。
久しぶりにメジャーな感じの映画を見たなぁ。


【Now Playing】 オーラの泉VTR / 相田翔子 ( YouTube )

2017/08/04

「俺の飲み会に来い!」っていうよりも「俺と飲もう」の方がいい

20170804_tree01

長く仕事をしているともちろん、当然のごとく様々な飲み会があり、お誘いを受けます。

誘う側はたいていえらい人(あるいは今後えらくなる人)になるわけですが、けっこう無理矢理なことも多いです。よろこんで行く人もいると思いますが、私はそういうの、苦手でした。今も・・かな。

そんな方々からのお誘いは、タイトルにあるように「俺の飲み会に来い」的なものが多くありました。
出るか、出ないかによって何か“ためされている”空気を感じて、ますます行きたくなくなるわけです、私のようなそんなえらい人達とは別世界に住んでいる人間には。

そこには番頭的な人や“腰ぎんちゃく”みたいな人、その他仕方なく出席している人、とりあえず来た人などさまざまな人がいますが、その場でよろこんでいるのは数人です・・たぶん・・。

そんな飲み会を開催する人はどんどんえらくなりますねぇ、そして宴席では自分の自慢話ばかり。あるいは誰かを貶めるような話もしばしば飛び出します。
話題にはプライベートなことはあまり出ないし、人と人、一対一の関係での深い話なども出てくることはありません・・、だから行きたくなくなるんですよね、ごめんね。

「俺と飲もう」ということになれば、行きますよ。
互いに向き合って仕事だろうが、個人的なことだろうが、そういう飲む機会ではいいお話ができそうだし、いろいろと勉強になることがたくさんあります、今までの経験でいうと。

一対一、あるいはせいぜい三人での飲み会となれば、その人の人となりが見えてきます。
だから逆に「俺が俺が」みたいな人はいやなんでしょうね、ほんとうの自分が見えてしまうから。

なんて、皮肉なことを書いてしまいましたが、ついこのあいだも突然電話をいただき、“オレを囲む会”的な飲み会のお誘いを受けてしまい、困っていると、幸い?にその日に仕事の用事が入り、行けなくなりました。ある意味“ホッ”といたしました。

「俺と飲もう」というお誘いも多々受けましたが、それらはたいがい、素敵な夜になりました。
来てよかった、いい話を聞けたし、自分のたいした話でもないものを聞いてもらえたりもした、ということにたいていはなるのです。

今夜は、やや精神不安定な状態で書いてしまったので、おかしな文になっているかもしれませんが、そう思ったら聞き流してください。たぶん本当に“おかしい文”なのだと思います(^_^;)
それじゃまた。


【Now Playing】 ハンモックでカムバック / ヒロシキャンプ ( YouTube )

2017/08/02

Jimny に乗りたい

20170802_jimny01

写真はスズキ自動車のジムニー。
軽自動車のジープタイプの四輪駆動車です。
ほとんどモデルチェンジもせずに現在に至っているオフローダー御用達の“軽”の名車と言ってもいいクルマです。

実は私が生まれて初めて買ったクルマがこのジムニーの二代目、「タフ&ニート」が合い言葉の排気量550CCでツーサイクル・エンジン、、ハーフメタルと呼ばれていたドア下部のみボディとして存在し、サッシュ部分はパイプフレームで、幌のついた、しかもフロントガラス部分は前に倒れるという“硬派”なものでした。タイヤはリブラグタイヤと呼ばれて、ほとんど耕耘機みたいなタイプのものでした。
愛してやまず、とことん“使い倒した”大好きなクルマでした。
そして林道や雪の中などをよく走りました。

今・・欲しいんですよねぇ・・(*^_^*)


20170802_jimny02

たまたまこのあいだラジオ番組であのお笑いのヒロシさんがキャンプ好きで、YouTubeにソロ・キャンプの様子をアップしているのを知って見てみたら、キャンプのお供にジムニーに乗っているではありませんか。

若い頃の林道などを走っていた日々を思い出しました。

そして、もう一度ジムニーが欲しくなった。

ジムニーは当時から悪路の走破能力が高く、アプローチアングルや、デパーチャーアングルの角度も大きくとってあり、しかもボディは軽く、ラダーフレームのしっかりとしたシャシー、そして4H、4Lと、副変速機を持つ本格志向の4WDが魅力でした。そしてそれは今も。

もう一度乗ってみたい。
そんな気持ちがムクムクと頭をもたげている今日この頃です(^^;)

今年中にフルモデルチェンジをするなどという噂も聞いておりますので、試乗などをしたら、またこのブログでレポートしたいと思います。
それまで、興味のある人は待っててねd(^_^o)


【Now Playing】 Wipe Out / drum cover by Sina ( Instrumental Music )

2017/08/01

人生の道は難しく厳しいものです

20170801_road01

本日は私の個人的愚痴・嘆き・反省のメモなので特に読んでいただかなくてもけっこうです。自分自身への戒め的に書いています。

今回の話の対象となっている彼は中学時代の同級生。当時からかなり仲良くやってきましたが、ここ7~8年くらいはメールや電話程度で数回のやり取りがあった程度になっていました。私が仕事の関係で、生きていることで手一杯になってしまったことがその原因だと自分でも思います。
10年以上ぶりに同窓会を開こうと持ちかけられました。前回は私が提案し、仕切りました。それも彼からは忘れられていたかも・・。

彼が馴染の店で開催することにしたのですが、そこはあまり場所的には集まりずらい場所でしたし(多くの人が公共の交通機関で帰ることができない)、今回の同窓会は“大義”というか開こうという動機、きっかけがよくわかりませんでした。
突然過ぎて、いざ私が協力することになり、同窓生に電話を掛けても「なぜに?」と聞かれることになったのですが、まあいいでしょう。

数名が苦労して連絡をして、先日打ち合わせをしようということになりました。

その前日に勤めから帰宅すると妻が庭に出ていて、あわてて私のクルマに走り寄ってきました。
「家の電源が落ちている」そして「水が出ない」とのことでした。

ブレーカーを見たり、我が家は田舎で井戸なので、ポンプの入っている小さな小屋の屋根を取り外すと、ゴムやプラスチックが燃えているような激しい臭い。
ポンプ本体の蓋は特殊なネジで止められていて外すことが出来ない。・・もし外れていたら漏電していたので、私は感電死していたかもしれません。

付き合いのある工務店に電話すると、まずは電気屋さんが駆けつけてくれましたが、ポンプが燃えていてショートしていることがわかりました。

もう少し私の帰宅が遅れ、処置が遅れたら、自宅本体に燃え移り、大変なことになっていたところでした。

その夜から翌日にかけて、水が出ないのはもちろん、電源が無いので原始暮らし。
トイレの水はもらい水を浴槽に溜め、バケツで流すということに。もちろん、風呂には入れず、洗い物、洗濯もダメ・・。

そんな状況なので「行くことが出来ない」とラインにて友人の彼へ連絡。
その日は井戸業者に休日だが、来てもらい、さらに休日に開いている問屋を探してもらい、新しいポンプを調達、そして工事へと緊急的にやってもらいました。

で、その日の深夜に彼からラインが。

「しっかりしないと大事なものを失うぞ」
「結局出席は13人になった」
「ドタキャンだけは気をつけようね」

と書かれていたのを見て、一時間ほど考え込みました。
私は、「お前がしっかりしてちゃんと打ち合わせに来なかったから友人達からの信頼を失ったぞ」と受けとめてしまったわけです。

「結局出席は・・」は、「みんなで最終的確認をやってたんだ、わかってんのか」と受けとめてしまいました。

「ドタキャンは気をつけようね」は、「皆で進めているのにドタキャンかよ、何やってんだ、しっかりしろよ」と受けとめてしまいました。

・・で、一時間ほど考え込んだ挙げ句、激怒してしまったのです。
怒りにまかせて「もう同窓会には関わらないし、出ない。今後電話もメールも無用だ。アドレス帳も削除した。そっちも削除してくれ」とメールを送った・・のです。

彼からの返信は見ないようにしようと思っていましたが、見てしまうと、「しっかりしないと・・」は、「自分も過去それに似たことがあったが気をつけないとな」という意味。
「出席者は・・」は、単に数の報告。
「ドタキャンは・・」は、「当日直前にドタキャンしてくるやつがいるから気をつけよう」ということだったと・・。

でも、私にはどうしてもそういうふうに取れなかったのです。

返信のメールには、「お前は変わってしまった」「もともとそんなに期待していなかった」「なにを勘違いしているのかわからん」とも書かれていて・・。

だったらもっと文章をきちっと書けよ、とも思いましたが、スマホで打つことばかりの現代人、端折って端折って入力するのでこんな、どうとも取れる文になってしまったのでしょう。

最悪の状態になり・・今を過しています。
身体の具合が悪くなり、仕事中も気分が重く、胃が痛い。
いい歳して私は何をやっているのでしょうか。

相手のラインを悪意に取ったのは、たとえば facebook で向こうから友達申請してきたのに、 facebook 上で連絡しても「おれは使っていない」という返事があったり、facebook をのぞいてくれれば、今回の同窓会に呼んだ先生の病気を克服してのさまざまな素晴らしい活動の様子がわかるのに、ほぼ無反応だったこと、彼の出身高が野球県予選で勝ち進むたびに私の卒業校でもないのに、試合中継のようにその過程や結果、「よくやった」などというコメントが私のラインに飛び込み、その意図がよくわからず、困惑していたこともあります。

仕事上で「自分大好き」な人からよくひどい目に遭わされることが過去にも多かったので、そんな潜在意識もはたらいたのかもしれません。

彼はたぶん絶対に私のブログなどにも目を通さないと思うので、こうして正直に書いているのですが、今は「大人げなかった、もうしわけなかった」と思っています。

いつか伝わるかもしれないし、そのままでも彼が今後私と付き合うことがないのは、むしろ彼にとって幸せかもしれないので動くことはやめました。

人生の道は難しく、厳しい・・。
たぶんほとんど一人も読んでいないと思いますが、本日は正直な現在の自分の気持ちを書いてみることにしました。


【Now Playing】 ないとエッセー / 牧田善二 ( NHK-AM )

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック