フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 八日市場まで先生の作品などを見に行ってきた | トップページ | 「もっとハゲしく 声に出して笑える日本語」を読んだ »

2017/09/14

「眠れなくなる 夢十夜」を読んだ

20170914_yume10ya01

『眠れなくなる 夢十夜/阿刀田高他9名著(新潮文庫)』を読みました。
これは夏目漱石の「夢十夜」にインスパイアされた10名の人気作家がそれぞれに「こんな夢を見た」の名文句から始める物語を紡いだものを一冊にまとめたものです。

不思議な話や、いかにも夢らしい道理の通らない話などが収められ、私の“眠れない夜”に読んでみました。

不条理な話よりも、私にはちょっと怖い荻原浩氏の「長い長い石段」という幼い頃に葬儀に出た話が感覚的に“ピン”ときました。
葬儀が行われた実家の裏山に入り込み、迷子になり、やがて見つけた神社のようなところでは何か儀式が行われていて、見たことがあるような人が集まっている。
「まだ来てはならない」そして「また来い」の言葉に逃げ帰るのですが、ものすごく遠かった道のりの記憶があるのに、後に大人になってその裏山を登ってみると、あっという間に“てっぺん”にたどり着いてしまう。
迷子になるような所ではなかったことに驚く・・。神社などありようもない。
あれは何だったのだろうとずっと大人になっても思っている。

後に自分が大人になり、我が子を連れてまたその実家の葬儀に参列した際に、今度は自分の子供がいなくなってしまう。
裏山から帰って来た子供は道に迷い、神社のようなところに出て、そこでは白装束の人達が儀式をしていたと聞かされる・・。

・・けっこう怖かった (・_・;

あさのあつこさんの「厭だ厭だ」は、金に困らない生活と引き換えに自分の意志や衝動を捨て、結婚した男性の物語で、その妻が亡くなったところから話が始まり、三年間も眠れない夜を過しているのです。

亡くなった妻への謝罪の言葉をある日、口にした途端にその妻が現われ、「三年間我慢したから自由にしなさい」と言われる。三年間、自由にしてあげますよと言っていたのに聞こえなかったようだが、今初めて聞こえたのね、と言われ眠れなかった三年間は妻の幽霊がずっとそばにいたことを思う・・。これも不思議な感覚をおぼえる物語でした。

眠れなくなる夜がますます眠れなくなるような本でした。


【Now Playing】 池田めぐみ Fine!! / 池田めぐみ ( TBSラジオ )

« 八日市場まで先生の作品などを見に行ってきた | トップページ | 「もっとハゲしく 声に出して笑える日本語」を読んだ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

不思議&恐怖体験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「眠れなくなる 夢十夜」を読んだ:

« 八日市場まで先生の作品などを見に行ってきた | トップページ | 「もっとハゲしく 声に出して笑える日本語」を読んだ »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック