フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 松浦弥太郎さんの「今日もていねいに。」を読みました | トップページ | 身体にミシミシとこたえる寒さ »

2017/12/06

宝塚歌劇、これからの動きは

20171206_takarazuka01

最近の宝塚歌劇団の動向を見ていて、気になること。
気にはしているんだけど、どうなんだろうと思うこと、などを少しまとめ直して書いてみたいと思います。最近、そういうことにあまり向き合って考えていなかった・・。

このあいだ私の“ヅカ友”の女神から「専科の凪七瑠海(なぎな・るうみ)さんが、次期星組トップになるという噂が出ている」という仰天情報を聞きました。
ほとんど信憑性は有りませんが、でも、現在星組公演に出演しているのはそのテストをしているのか?!なんて、疑心暗鬼になったりもします。

また、芹香斗亜(せりか・とあ)さんが宙組に組替えとなりましたが、真風涼帆(まかぜ・すずほ)さんが次期トップに就任前で、これから何年間かトップを張ることになると、芹香さんのトップがずいぶんと遠のくような気がして、その動きの真意が見えません。
芹香さんは花組で明日海りお(あすみ・りお)さんのもと、すっかり充実した二番手となっているにもかかわらず、です。

かといって、柚香光(ゆずか・れい)さんが二番手となっても、まだまだ“修行中”的な感じだし、“若い”ですよねぇ。
ということは、明日海さんがまだまだトップを長く続けるということなのか。

雪組は雪組で、望海風斗(のぞみ・ふうと)さんがトップになり、二番手は彩風咲奈(あやかぜ・さきな)さんということなのですが、やはりまだまだ若い感じが否めません。
これは、星組の礼真琴(れい・まこと)さんについても、二番手ではあるものの、やはりまだまだ若いという印象です。

月組は、若い珠城りょう(たまき・りょう)さんがトップとなり、頑張っていますが、二番的な位置にいるのが、先輩の美弥るりか(みや・るりか)さんで、もうひとつ“居心地”の悪い状態です。
雪組から組替えで来た、月城かなと(つきしろ・かなと)さんが正式に二番手となると、美弥さん、ますます居心地が悪くなる・・。

そうそう、月城さんと入れ替えとなった雪組の朝美絢(あさみ・じゅん)さんの雪組での“立ち位置”も非常に微妙ですよ。

明日海さんや、望海さんと同期の凪七さん、美弥さんはいったいどうなるのか、果たして北翔海莉(ほくしょう・かいり)さんのように驚きのトップ就任なんてことがあるのだろうか。

・・と、いろいろ考えてしまうのです。

また娘役の状況では、月組の愛希れいか(まなき・れいか)さんが、かなり長いことトップ娘役をやっていて、珠城さんがトップの間にどなたかと交代する可能性があるかと思いますが、それは海乃美月(うみの・みつき)さんなのか・・。それともほかの人なのか。

組替えで花組に来て、一時は日の出の勢いだった城妃美伶(しろき・みれい)さんがやや沈滞気味なのも気になります。

逆に勢いづいてきたのが、星組に組替えとなった有沙瞳(ありさ・ひとみ)さん。
赤坂ACTシアターでは、専科の轟悠(とどろき・ゆう)さんと組みます。轟さんと組むと必ずトップ娘役になるという例が続いているので、これは次期トップ娘役当確か!

微妙なのは、もうひとり、雪組の彩みちる(いろどり・みちる)さん。
いい役をもらったかと思うと、本公演でいまひとつの役どころになったりして、巡り合わせが悪いと、このまま路線から外れてしまう可能性も・・。

思いつくままに書いてみましたが、何ひとつ見通しの立つものがありません。
もう今年も終わってしまいますが、来年の動きが上記に挙げた人たちにとって良いものになることを祈るばかりです。
観劇予定もあと一回か、二回くらい。今年の締めくくりをいい観劇にしたいと思います。


【Now Playing】 Sunday Bloody Sunday / John Lennon & Yoko Ono ( Rock )

« 松浦弥太郎さんの「今日もていねいに。」を読みました | トップページ | 身体にミシミシとこたえる寒さ »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚歌劇、これからの動きは:

« 松浦弥太郎さんの「今日もていねいに。」を読みました | トップページ | 身体にミシミシとこたえる寒さ »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック