フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« たまたま聞いた武田鉄矢さんのラジオ番組での言葉 | トップページ | 太田和彦さんの YouTube 画像で見た「居酒屋・銀次」に行ってみたい »

2018/01/11

酒井順子さんの「都と京」を読んだ

20180111_junko_sakai01

『都と京/酒井順子著(新潮文庫)』を読みました。
“都・みやこ”と“京・みやこ”です。つまり東京と京都のこと。
著者の酒井順子さんは、東京に住んでいますが、京都の魅力に30代からめざめて、どうしても、ときには京都に出掛けたくなる、その魅力について書かれているのです。

私も東京勤務の時に京都市の方と知り合いましたが、やはり、佇まいというか、雰囲気も異なるし、“京・みやこ”の方の泰然自若・悠然とした感じは他のどの市の方とも違うし、“別もの”(^^;)でした。

「いけず」と「意地悪」、「もっさい」と「ダサい」の言葉の違いや、節約については「始末」と「ケチ」の違いについての酒井さんの語りは、とてもよくわかった。

祭りについても、東京の高円寺阿波踊りや浅草のサンバ・カーニバルのような、何処かからか持って来てとりあえず祭りにしちゃう感覚と、祇園祭のような歴史あるものからくる京都の人たちの様子など、読んでいて、わかり過ぎて面白く、止らない感じ(゚ー゚*)。oO

同じ大学生がたくさんいる東京と京都でも、東大生と京大生を例に、これまた“なるほどねぇ”と思わせる見事な説得力!

ついには、京都出身の綿矢りささんと東京出身の金原ひとみさんの文学と、両者の振る舞いというか、世渡りの違いにまでふれています。

で、ただ東京と京都の違いにふれるだけでなく、京都で宿泊したときの旅館での過ごし方の良さや、さまざまなお店や、街角での「いらっしゃいませ」と「おいでやす」のサービスの異なりなども紹介していて、読んでいて、こりゃ絶対に京都に行きたくなるよ・・と思ってしまうようなものでした。

面白い話題が満載なのですが、私が特に気になったのが、「・・・してはる」という言い方。
東京には無い言い回しです。
「してらっしゃる」とは明らかにニュアンスが異なる・・。

また、「おいもさん」や、「おくどさん(※かまどの意)」などの“さん”の使い方がこれまたいいっ!!
北野天満宮は“天神さん”と親しまれ、神仏、神社仏閣も、さんづけで呼ばれるところが、これまたたまらない。

京都、・・新幹線で通り過ぎることばかりだったが(妻と長女は出掛けたりしているが)、私も今年は行ってみようと思ったのでした。


【Now Playing】 Ruby Tuesday / The Rolling Stones ( Rock )

« たまたま聞いた武田鉄矢さんのラジオ番組での言葉 | トップページ | 太田和彦さんの YouTube 画像で見た「居酒屋・銀次」に行ってみたい »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65505/66267881

この記事へのトラックバック一覧です: 酒井順子さんの「都と京」を読んだ:

« たまたま聞いた武田鉄矢さんのラジオ番組での言葉 | トップページ | 太田和彦さんの YouTube 画像で見た「居酒屋・銀次」に行ってみたい »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック