フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 極楽寺の風景画と珈琲の店「工芸自然(じねん)」へ | トップページ | 嵐山光三郎さんの「新廃線紀行」を読んだ »

2018/02/05

極楽寺から八街 BROOKLYN へ

20180204_jazz03

前回、このブログでご紹介した東金市極楽寺にあるギャラリー喫茶「工芸自然(じねん)」をあとにした私・・。

ここからなら、八街市にあるジャズ喫茶「BROOKLYN」も割と近いぞ、と思い、クルマをJR八街駅方向に!

ブルックリンもちょっとご無沙汰気味でしたが、勢いよくドアを開け入って行くと、マスターが「おっ、きょうはどこかに寄ってこられたんですか?」と私を覚えていてくれ、話しかけてくれました。
工芸自然の話をしつつ席に着きました。

マスター、レコード室に入るとスパッとレコード盤をジャケットから抜き、ターンテーブルに乗せたのは・・ブルー・ミッチェルの「ブルー・ソウル」というアルバムでした。


20180204_jazz01

めっちゃ“カッコいい”演奏が始まりました。
JBLのスピーカーも「がってんだっ!!」って感じでいきなり唸るような勢いのいい演奏開始っ!!
いやあ、気持ちよかったぁ~(^o^)

ジャケットを見ると、トロンボーンはカーティス・フラー、ドラムはフィリー・ジョー・ジョーンズ、ピアノはウィントン・ケリーという私の“三大好物”達が演奏しているじゃぁありませんか'(*゚▽゚*)'
初っ端から大興奮しちゃいました。それにしてもこのアルバム、今まで知りませんでした。
ナイスな演奏満載でした。


20180204_jazz02

気分を出すために、“ノンアルコールビール”を頼み、シュワッと気持ちよく、ジャズを楽しむ体制が整いましたd(^_^o)

続いて掛かったミルト・ジャクソンのアルバムは、録音されている音が凄かった。
まるで電気楽器をアンプに通しているのかと思うような、シビれる感じの演奏。
特にウッド・ベースは、その弾むような、飛び出すような、“ど迫力”の音に度肝を抜かれました。さすが、マッキンとJBLの組み合わせ、大音量で聴くジャズの醍醐味を堪能しました。

この日は録音のよい盤を掛けてくれているのではないか、と思われるセレクト。
「いいね、いいね」と聞いているうちにお客さんも入ってきました。
そうそう、お客さんが入って来て初めて店内の雰囲気も温まってくるのです(*^_^*)
目は合わせないが、皆で聞いている感じ(゚ー゚*)。oO昔のジャズ喫茶はそんな感じだったんでしょうね。


【Now Playing】 Got To Get You Into My Life / The Beatles ( Rock )

« 極楽寺の風景画と珈琲の店「工芸自然(じねん)」へ | トップページ | 嵐山光三郎さんの「新廃線紀行」を読んだ »

旅行・地域」カテゴリの記事

Jazz」カテゴリの記事

様々な交流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 極楽寺から八街 BROOKLYN へ:

« 極楽寺の風景画と珈琲の店「工芸自然(じねん)」へ | トップページ | 嵐山光三郎さんの「新廃線紀行」を読んだ »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック