フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 庭の草花がいろいろな表情を見せてくれて | トップページ | セクハラのひと »

2018/04/23

【はっPのアナログ探訪_0147: McCartney / Paul McCartney ( LP )】

20180422_mccartney001

復活したアナログ探訪、今回は前回に続きポール・マッカートニーの最初のソロ・アルバム「マッカートニー」です。

当時、聞き始めたときには、この人があのビートルズのポールマッカートニーなのか、と思ってしまいました。
ビートルズが最後に作ったアルバム「アビー・ロード」の完成されたものから比べると、ビルディングと納屋くらいにかけ離れたものです。

曲自体は“未完”のままリリースされたような印象のものが多数。
“脂っ気”は抜け、ふだんギターをつまびいているそのままをラフに録音した、みたいな印象でした。


20180422_mccartney002

でも、その中には、ポールの中にある音楽のエッセンスみたいなものが“濃く”抽出されていて、ポール・ファンにはわかる胸にギュッとくるものが含まれていました。
「マッカートニー」という蜜壺に指を入れてひとくちすくい、ペロッとなめてみると、濃いぃポールの蜜の味です(゚ー゚*)。oO

「エブリ・ナイト」などはその後のポールのコンサート活動や、他のミュージシャンにも取り上げられていますが、キチッと作り上げれば名曲の部類です。

「ジャンク」も今やビートルズのアンソロジーに入っていますが、あの頃はポールはビートルズ時代にこんないい曲を作っていて未発表だったのだ、と驚いていた人もいました。


20180422_mccartney003

それから、ポールのボーカルに関しては、「メイビー・アイム・アメイズド」などの歌唱も有名ですが(その後のコンサートでもポールは多く取り上げている)、「Oo You」の歌唱もポールらしくて大好きです。今掛かっているのですが、とてもカッコいい(^-^)/☆
それに、やはり後の「バンド・オン・ザ・ラン」のアルバムで開花しますが、この曲でもポールのドラムはなかなか魅力のある叩き方をしています。
次の曲「ママ・ミス・アメリカ」でも荒削りだけどいいドラムを叩いています。
本職ドラマーにはない発想がポールにはあります。


20180422_mccartney004

今、「メイビー・アイム・アメイズド」が掛かっていますが、ポール若いから、けっこう軽々と歌ってますね(^^;)いや、さすがだわ。

そしてラスト、謎の「クリーン・アクロア」。
極端にミュートされたドラムで、私のような素人が机を叩いて遊ぶようなリズムを刻んでいます。なぜ最後にこの曲が入っているのか、凡人には理解できないのですが、今やこれなくしてはこのアルバムが終わったことにならない“からだ”になってしまった私…σ(^_^;)
久しぶりにアナログで聞いた「マッカートニー」、味わい深いものでした。

« 庭の草花がいろいろな表情を見せてくれて | トップページ | セクハラのひと »

The Beatles」カテゴリの記事

はっPのアナログ探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65505/66639125

この記事へのトラックバック一覧です: 【はっPのアナログ探訪_0147: McCartney / Paul McCartney ( LP )】:

« 庭の草花がいろいろな表情を見せてくれて | トップページ | セクハラのひと »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック