フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 月組・赤坂ACTシアター公演「雨に唄えば」を観劇 | トップページ | 宮下奈都さんの「遠くの声に耳を澄ませて」を読んだ »

2018/06/23

佐野洋子さんの「ふつうがえらい」を読んだ

20180622_sano_yoko01

『ふつうがえらい/佐野洋子著(新潮文庫)』を読みました。
平成3年初出で、平成7年に文庫化、その後版を重ねて平成23年には「二十刷」になっているものをブックオフでゲットd(^_^o)いつものとおりです。

佐野さんの文章は、常に自分の思うがままに一直線に突き抜けて行く感じ(^^;)
ある意味“男っぽい”っちゃあ、男っぽいが、でも自分の息子にぞっこんでデレデレするようなシーンはいかにも女性というか、お母さんというか、「旦那とは離婚できるが、子供とは出来ないもんねぇ~」っていう論理が茫然としている間に中央突破する、そんな佐野さんの“がさつ”だけれど、“繊細”なエッセイとなっております(*^_^*)

佐野さんは本好きというか、活字無くしては生きていけないタイプの人。
男には多いが、女性には割と少ないタイプかもしれません。
だから、小学生時代からモーパッサンや夏目漱石などを読み、すっかり“耳年増”に(^_^;)
そうこうしているうちに、本なんかまったく読まない同級生の女子は、18~19のお年頃になり、いつの間にか妙に色っぽくなり、「私、処女だと思う?」などと質問され、頭のてっぺんからつま先まで、まったくの処女の著者は“一張羅”のジーンズにジャージみたいなカッコで、「しまったぁ、こいつらいつの間に!」みたいなことになっている・・。

知識だけは頭の中に満杯で、あらゆる恋愛の物語を読みまくっているのに、自分は小学生時代から“女ターザン”みたいになったまま・・( ̄O ̄;)そんな佐野さんの様子に私も“どん引き”。

「花も嵐も“踏みつけて”」生きて行く佐野さんの豪放磊落&落涙エッセイでした。

好きな人はあっという間に読んでしまうことでしょう。

「ふつうがえらい」、そうそのとおり。私も“ふつう”のまま、本を読み漁っていたい。

« 月組・赤坂ACTシアター公演「雨に唄えば」を観劇 | トップページ | 宮下奈都さんの「遠くの声に耳を澄ませて」を読んだ »

家族・親子」カテゴリの記事

「恋愛」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65505/66859135

この記事へのトラックバック一覧です: 佐野洋子さんの「ふつうがえらい」を読んだ:

« 月組・赤坂ACTシアター公演「雨に唄えば」を観劇 | トップページ | 宮下奈都さんの「遠くの声に耳を澄ませて」を読んだ »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック