フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「化け物使い」は落語の世界だけではない | トップページ | ホワイト・アルバム50周年記念盤、「イーシャー・デモ」と「セッションズ1~3」を聴いてみた。【1/4】 »

2018/12/30

映画「アンダー・ザ・シルバー・レイク」を見てきた

20181229_utsl001

映画『アンダー・ザ・シルバー・レイク(UNDER THE SILVER LAKE)/2018年 アメリカ 監督:デヴィッド・ロバート・ミッチェル 出演:アンドリュー・ガーフィールド、ライリー・キーオ』を見てきました。

主人公の青年が出会い、恋に落ちた翌日にその相手の美女が失踪。
青年は家賃も払えなくて数日後には出て行けと言われている“オタク”な感じ。

青年が住んでいる街はかつてシルバー・レイクと呼ばれ、青年が様々な方法で調べ、解読していくと次々と謎が出てくる。
都市伝説を調べたり、暗号解読したり、サブリミナルの知識なども生かしてその謎に迫っていくが、もうその辺で興味を無くしました。

意味のわからぬ組織からのアプローチや、妙なパーティー、主人公の目の前に現われるのはなんだか“ヤバい”人間ばかり。

休みもせずに起こるアクシデント、エピソードも無用に心をざわざわさせ、私は疲れました。


20181229_utsl002

「ネオノワール・サスペンス」って言うんですって・・・!

「悪夢版 ラ・ラ・ランドだっ!」・・・そうでもない・・・。

「ハンパなくブッ飛んだ野心作」・・・飛びすぎだよ、もうけっこう・・・。

「ヘンテコで深遠な、愛すべきカルト映画」・・・ヘンテコ過ぎだよ、カルトもういいや・・・。

っていう作品でした、私にとっては。

« 「化け物使い」は落語の世界だけではない | トップページ | ホワイト・アルバム50周年記念盤、「イーシャー・デモ」と「セッションズ1~3」を聴いてみた。【1/4】 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「アンダー・ザ・シルバー・レイク」を見てきた:

« 「化け物使い」は落語の世界だけではない | トップページ | ホワイト・アルバム50周年記念盤、「イーシャー・デモ」と「セッションズ1~3」を聴いてみた。【1/4】 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック