フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 佐々淳行さんの「後藤田正晴と十二人の総理たち」を読みました。 | トップページ | 感動と興奮の嵐だった「椎名豊 Special Trio & Big Band(富里高校 The Mad Hatters +High Notes Jazz Orchestra)」 »

2018/12/01

伊東四郎さんと吉田照美さんのラジオでやっていた「嫌いな言葉」にこだわる話

20181201_radio001

きょうの午後、ラジオの文化放送「親父・熱愛(パッション)」という番組で伊東四郎さんと吉田照美さんが聴取者から送られてきたメールで、表題の「嫌いな言葉」について番組でこの日のテーマとしてコーナーを設け、取り上げていました。

言葉については、このブログでも何度もいろいろ書いてきましたが、番組で取り上げられていた「嫌だな~、あの言いまわし」とか、もろ嫌いな言葉など、覚えている範囲でちょっとここでも取り上げてみたいと思います。

とにかく覚えている順でいってみます。

〇彼氏さん、彼女さん
 聞くことあるなぁ、話している相手の彼、彼女に気をつかっているのか、初めて聞いたときから薄気味悪い言葉の使い方です。あくまで自分基準ですけど。

〇肉々しい
 肉いっぱいの食べ物などを表現するときに使うものなのか。
 これもイヤな言葉だねぇ。なんていうか、表現力の無さに自分で気づいていない感じ。
 似ている言葉に、「夢々しい」ってのがあります。宝塚ファンで使っている人を時々お見受けするが。こんな安っぽい言葉で宝塚を語らないでほしいと常々思っていた。

〇・・料理番組などで・・「ここでみりんを“入れてあげます”」などという“あげます”表現。
 料理にへりくだっているのか、犬・猫にエサを“やる”ときにも“あげます”と使っているのはこの人たちだと思う。みりんは入れろっ!エサはやれっ!植木に水はやれっ!ということです!!d( ̄  ̄)

〇誰それを“リスペクト”しています。
 これも聞くねぇ。
 私が聞いている感じだと、尊敬しているわけではなく、この人をリスペクトしているというと、ちょっと聞こえがいいからとりあえず言っとく、みたいな人に対する“軽い尊敬”のときに使われているように感じる。

〇・・営業の人に「なるほどですね」って言われるとカッとなる、というのもありました。
 人の話をよく聞いていないヤツに多い、というリスナーからの指摘が番組内で読まれていました。
 たしかに営業の人から言われたらなんだか、おだてられているような気になってイヤな感じがしないでもない。
 でも、これって、たぶん九州の福岡あたりの人は常用しているんじゃないでしょうか。ようするにあっちでは普通の表現だと思う。
 伊丹十三の映画にもそんなことを言っているシーンがあったような気がする。

〇自転車のことを「チャリンコ」という。
 番組中で、伊東さんは韓国語じゃないのかとおっしゃっていましたが、たしかに韓国語の自転車はちょっと似てはいるようです。もうひとつの語源も番組中で語られていましたが、チャリンコというのは、江戸時代に言われていた子供の“スリ”のことなんだそうです。
 私は、単に自転車のベルが「チャリン・チャリン」と鳴るからなのかと思っていましたが、語源ははっきりしません。
 でも、自転車が大好きな「なぎら・けんいち」さんがある自転車番組で語られていたのですが「チャリンコは自転車の“蔑称”です。好きな自転車をチャリンコなんて蔑称で呼ぶなんて私は絶対にしない!」とおっしゃっていました。
 これには私も賛成!'(*゚▽゚*)'
 チャリンコと使っている人には、私から見た感じですが、自転車好きな人は今まで一人もいなかった。しかも、ものごと“ぞんざい”に扱う人が多かった。
 単に自転車をチャリと言ったり、原チャリ、ママチャリって言葉も大嫌いっ!

ってなことで、覚えていた番組の一部だけのネタで書いてみました。
また、言葉については今後もこのブログで取り上げたいと思います。


【Now Playing】 大人のジャズタイム / 島崎保彦 ( ラジオ日本 )

« 佐々淳行さんの「後藤田正晴と十二人の総理たち」を読みました。 | トップページ | 感動と興奮の嵐だった「椎名豊 Special Trio & Big Band(富里高校 The Mad Hatters +High Notes Jazz Orchestra)」 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65505/67440067

この記事へのトラックバック一覧です: 伊東四郎さんと吉田照美さんのラジオでやっていた「嫌いな言葉」にこだわる話:

« 佐々淳行さんの「後藤田正晴と十二人の総理たち」を読みました。 | トップページ | 感動と興奮の嵐だった「椎名豊 Special Trio & Big Band(富里高校 The Mad Hatters +High Notes Jazz Orchestra)」 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック