フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「プールサイド小景・静物」庄野潤三の小説を読んだ | トップページ | The Beatles (White Album)記念盤、早速試聴。まずは「2018ミックス」前編! »

2018/12/23

映画「家へ帰ろう」を見てきました

20181223_the_last_suit001

映画『家へ帰ろう(THE LAST SUIT)/2017年 スペイン・アルゼンチン 監督:パブロ・ソラルス 出演:ミゲル・アンヘル・ソラ、アンヘラ・モリーナ、オルガ・ボラズ、ユリア・ベアホルト、マルティン・ピロヤンスキー、ナタリア・ベルベケ』を見てきました。

いい映画でしたよ。
アルゼンチンに住む88歳の仕立屋アブラハムという男が主人公。
冒頭から、自分が50年間住んでいた大切な家を家族達に売られ、施設に入れられ、脚が悪いので、切断されようとしているシーンで始まります。

そこを施設送りにされる前日の夜に飛び出し、ポーランドに向かいます。
そこには、70年前にホロコーストから命を救ってくれた親友がいて(ほんとうは現在住んでいるかも、生きているかもわからない)、自分が仕立てた最後のスーツを渡そうとするのです。


20181223_the_last_suit002

その道のりは長く、盗難にあったり、病に倒れたり、でも様々な人と知り合い(煙たいジジイとして最初は出会うが、主人公の不思議な魅力で、やがて知り合った人達はアブラハムに協力してくれるようになる・・この人と人のつながり、人生の機微がとてもいい)、少年期に過酷な運命を過したポーランドにたどり着きます。

ナチスのあまりにも残酷、残忍な行為の再現シーンなどもあり、それを見ているだけで、哀しさが胸いっぱいに広がり、アブラハムと一緒に旅をしているような気持ちになりました。

友との再会がなるのか、ラストシーンは最大の見どころですが、結果は書かないけれど、私は心の底から泣きました。
それまで、皮肉屋で、いやなジジイ的な部分が前面に出ていたアブラハムですが、でも様々な人と出会い、いい関係をつくり、ほんとうの、人と人の絆のようなものを見せてくれ、最後に人として一番大事なものにふれたように感じました。

上映館は少ないかもしれませんが、見て、感じて、損のない、良い作品でした。
おすすめです。

« 「プールサイド小景・静物」庄野潤三の小説を読んだ | トップページ | The Beatles (White Album)記念盤、早速試聴。まずは「2018ミックス」前編! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「家へ帰ろう」を見てきました:

« 「プールサイド小景・静物」庄野潤三の小説を読んだ | トップページ | The Beatles (White Album)記念盤、早速試聴。まずは「2018ミックス」前編! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック