フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 東海林さだおの「目玉焼きの丸かじり」を読んだ | トップページ | 【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №029 横浜/中華街と山下公園】 »

2018/12/12

『タモリさんに学ぶ「人生の後半」を生きるコツ』を読んだ

20181212_naitou_yoshihito001

『タモリさんに学ぶ「人生の後半」を生きるコツ/内藤誼人著(廣済堂新書)』という本を読みました。
著者の心理学者・内藤誼人氏は、タモリさんとは面識が無いそうだが、タモリさんの過去の雑誌、書籍、テレビ・ラジオなどのメディアからの発言の数々を丹念に拾い、それをこの本の各章の項目にして、まさにタモリさんの生き方のエッセンスのようなものを描き出していました。

著者が感じているタモリさんの、他のお笑いタレントやその他芸能界で成功している人と異なる生き方がうまく表現されていて、私もタモリさんの存在の仕方にいつも感心していたのですが、なぜ私もそんなふうに感じていたのか、あらためてわかったように思いました。

「立派な人間」になることをあえて拒否する

「他人からの評価」に縛られすぎない

他人に期待しなければ、失望することもない

いちいち細かいことで反省しない

「頑張らない」ことを座右の銘にする

などなど、この本に書かれていることの一部ですが、タモリさんの過去の発言から得た人生の渡り歩き方が、上記5つの項目だけでもわかる気がします。

タモリさんのようなお笑いタレント、あるいは司会業のタレントさん、芸能人は、ある程度の地位を得ると尊大になります。それはほとんどの人がそんな感じに見えますが、タモリさんはそんなことを感じさせません。
何より、子分を作らない。

無理難題をふっかけ、自分の子分などがあわてふためき、右往左往する姿を、高みの見物状態で笑いものにするなどという最低のギャグもやらない。

急にコメンテーターみたいなことをやり始め、なんだかえらそうにする。そんなこともやらない。そもそも自分がそんなにご大層なことを言えるものだとも考えていない。

長いことタモリさんをテレビその他で見てきたけれども、私には漠然としかわかっていませんでした。それらのことが人生をストレスフリーで生きて行く極意なのだということが。

「心も身体も疲れない自分のために生きる人生の極意」と帯にも書かれていましたが、ここ数年で少しずつわかりかけていたことが明快に書かれているこの本、ある程度人生半ばまできて、これまでの自分を反省しつつ過している人や、まだまだ若いけど、辛く苦しい社会人生活を送っている人にもおすすめできる本だと思いました。

とても読みやすかったd(^_^o)


【Now Playing】 Cloud 9 / George Harrison ( Rock )

« 東海林さだおの「目玉焼きの丸かじり」を読んだ | トップページ | 【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №029 横浜/中華街と山下公園】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

仕事で生き生き」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
 わたしも今まで生きてきた人生を振り返ってみるといろんな思いがあります。これからも・・だけど。

、タモリさんの生き方に共感します^^。
うんうんそうだよねって^^。

はい、これからはストレスフリーな人生をと思います。
この本読んでみます。

みいさん、こんばんは!
そうなんです、この本を読んであらためてタモリさんの生き方をよくよく考えてみることになって、そのストレスフリーな人生の極意に感心しました。
とても読みやすい本なので、ぜひ読んでみていただければと思います。
私にも、とても心強く参考になるものでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『タモリさんに学ぶ「人生の後半」を生きるコツ』を読んだ:

« 東海林さだおの「目玉焼きの丸かじり」を読んだ | トップページ | 【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №029 横浜/中華街と山下公園】 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック