フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« あの日から8年、震災後18日目と19日目に書いたブログを振り返ってみた。 | トップページ | 「つやのよる/井上荒野」を読みました。 »

2019/03/12

映画「マイ・ブックショップ」を見ました。

20190312_my_book_shop001

映画『マイ・ブックショップ(La Libreria)/2017年・スペイン、ドイツ、イギリス  監督:イザベル・コイシェ 原作:ブックショップ 原作者:ペネロピ・フィッツジェラルド 出演:エミリー・モーティマー、パトリシア・クラークソン、ビル・ナイ、ハンター・トレメイン、ジェームズ・ランス、フランシス・バーバー、レッグ・ウィルソン』
を見てきました。


20190312_my_book_shop002

小さな町に未亡人が、ささやかな書店を開くところから物語が始まります。
でも、主人公が手に入れたオールド・ハウスという歴史的な建物を手に入れたい“富と権力を手中にしている有力者が、実直で本好きな主人公に次々と嫌がらせをするストーリーです。


20190312_my_book_shop003

そんな中、主人公のフローレンスが本好きの紳士(フローレンスの支援者となる)に送る『華氏451度』や『ロリータ』がこの映画の文学に対する愛情を感じさせます。


20190312_my_book_shop004

ほとんど曇天の英国の町並み。海辺のやや暗いが美しい光景。
ロケーションが素晴らしく、本屋となったオールド・ハウス、さらに本好きの紳士が住まうお屋敷のたたずまいも素敵で、美しい映像も含めて味わい深い映画でした。


20190312_my_book_shop005

時代設定は、1959年。
戦争で夫を亡くした未亡人フローレンス。
英国の海岸沿いの小さな町に夫との夢だった、ただ一軒の書店を開く。
町全体は保守的で、地元住民の反応は、女性の開業に冷淡・・。


20190312_my_book_shop006

そんな中で、フローレンスが40年以上も自宅屋敷に引きこもって、本を読むだけの毎日を過す老紳士、そしてその紳士との交流。

彼女をよく思わない地元有力者夫人の“書店つぶし”の画策・・。

20190312_my_book_shop007

物語の展開としては、わかりやすく、物語の中に自分を埋没させることができます。
曇天模様の英国の映像とあわせて、気分がとても晴れるようなところは少ないのですが、本と共に生きていくひとりの女性の人生が絶妙に描かれていました。

上映館は少ないかもしれませんが、本好き、映画好きの方にはおすすめできる良い作品でした。


« あの日から8年、震災後18日目と19日目に書いたブログを振り返ってみた。 | トップページ | 「つやのよる/井上荒野」を読みました。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「マイ・ブックショップ」を見ました。:

« あの日から8年、震災後18日目と19日目に書いたブログを振り返ってみた。 | トップページ | 「つやのよる/井上荒野」を読みました。 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック