フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 家族が連れて行ってくれた | トップページ | 新年度が始まって一週間 »

2019/04/03

「うれしい悲鳴をあげてくれ/いしわたり淳治」を読んだ

20190403_jyunji_ishiwatari01

 

『うれしい悲鳴をあげてくれ/いしわたり淳治著(ちくま文庫)』を読みました。
例によってブックオフで108円ですd(^_^o)

著者は、もとはロックバンドをやっていたり、作詞家であったり、音楽プロデューサーもされている方だそうです。

立ち読みしていたときには、表現も今まで私が好んで読んできた文章・文体と異なり、新鮮な感じがしました。
ちょっと驚きの展開があったり、一瞬目から鱗が落ちるような感覚になったりもしました。

でも、読んでいくうちに360頁もある本なのですが、120~130頁頃には飽きてしまいました。
もう先に読み進んで行くことにあまり意味が無いんじゃないか、とも思い始め、完読を断念いたしました。
着いて行けなくなりました。

笑いや、ちょっとした恐怖、センス・オブ・ワンダーみたいなものを感じはしたものの、私の感覚には合わなかったようです。

年代も私と違うし、そのあっさりとした感じにやや違和感も持ちました。
少し“寝かせて”おいてからまた読むかもしれません。
とりあえずの読後感でした。

« 家族が連れて行ってくれた | トップページ | 新年度が始まって一週間 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 家族が連れて行ってくれた | トップページ | 新年度が始まって一週間 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック