フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 津村記久子さんの「この世にたやすい仕事はない」を読んだ。 | トップページ | 力尽きました。 »

2019/06/24

下重暁子さんの「年齢は捨てなさい」を読んだ

20190624_shimoju_akiko001

『年齢は捨てなさい/下重暁子著(幻冬舎新書)』を読みました。
少し前に、このブログで同じ下重さんの「極上の孤独」を読んでご紹介したことがありましたが、今回のこの本も下重さんの書きっぷりは相変わらず“気持ちいい”のひと言です。

「実年齢が〇歳だから、それらしくしなくては」とか、「年寄りは大人しくしてろ」だとか、「昔の人はそんなふうに考えるんですね」だとか・・私もふだんからいろいろと若い奴ら、あるいは同年齢かそれ以上の訳知り顔の人達に言われることがあるのですが、「バッカ野郎!お前なんかに言われる筋合いはないっ!!」といつも思ってきたのでした(^^;)

下重さんも書かれていますが、年齢を意識し過ぎることは何の得にもならず、生き方を狭めてしまうのだ、ということです。そのとおり!!

「なぜ人は年齢を知りたがるのか」ってのも冒頭からエラい勢いで飛ばして書かれていましたd(^_^o)
たしかにそうだよねぇ、新聞とかテレビとか、例えば「俳優〇〇(75歳)」などと紹介されているのを毎日のように見ますよね。いつも思ってました「なんだよ、それ」って。

年齢を特定して、それを意識して、その人の評価を決めようとする。
下重さんも書かれていますが、こんなことやっているのは日本人だけだということです。

〇話が長い老人は嫌われる

〇男性諸君は“くっつきゴミ”にならぬよう・・自分から何をするでもなく奥さんにくっついて行こうとする人。

〇好きなことに夢中な人ほど若い

〇「還暦祝」が嬉しい人はいるのか

などなど興味深いキーワードも盛りだくさんでした。

「年齢は捨てなさい」・・はいっ!そうします…σ(^_^;)

« 津村記久子さんの「この世にたやすい仕事はない」を読んだ。 | トップページ | 力尽きました。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

仕事で生き生き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 津村記久子さんの「この世にたやすい仕事はない」を読んだ。 | トップページ | 力尽きました。 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック