フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 宝塚歌劇・宙組東京公演「イスパニアのサムライ/アクア・ヴィーテ!!」を観劇してまいりました。 | トップページ | 千葉市中央区の「きぼーる」に先生の絵を見に出かけた。 »

2020/01/26

宝塚歌劇・花組/日本青年館公演「マスカレード・ホテル」を観てきた!

20200126_flower_troupe001

宝塚歌劇・花組/日本青年館公演「マスカレード・ホテル -ミステリアス・ロマン- 原作:東野圭吾」をすでに観劇しておりましたので、感想を。

この公演は、花組のベテラン男役スターの瀬戸かずや(せと・かずや)さんが主演し、相手娘役は朝月希和(あさづき・きわ)さんがつとめます。

そして東野圭吾さんのミステリーを宝塚が舞台化するわけですが、当然のこと、この作品を読んだことのある人も劇場に来るわけで、犯人がわかっていても面白くて楽しめる舞台にしなければならないのです。
さらに宝塚の場合、何度も劇場に足を運ぶファンも多いので、リピーターにも何度でも面白いものにしなければならない・・。
たいへんなことですが、それを何とかするのが宝塚。

主演の瀬戸かずやさんの演技、身のこなし、歌唱、どれをとっても素晴らしく、その実力については今までの公演を見ていてわかってはいたものの、それでも今回の出来の良さには驚きました。
冒頭から唐突なストーリー展開をものともせず、見ているこちらをあっという間に物語の世界にいざなってくれました。
もうねぇ、みんな身を乗り出して見てましたよ!d(^_^o)これすべて瀬戸さん中心の花組メンバーの、そして専科からの汝鳥伶(なとり・れい)さんの見事な演技によります。

高翔みず希(たかしょう・みずき)さんや、音くり寿(おと・くりす)さんの特異なタイプの人間の描き方も前半から全開で飛ばし、物語は俄然面白く、しかもドッと笑いを取る場面なども入り、前半だけでも観客が皆入り込んで、しかも楽しんでいたのがよくわかりました。

これは瀬戸さん中心に花組の組子それぞれが個々の役割を全力で全うし、隙の無い濃密な舞台を作っていて、こういう引っ張り方ができるのがリーダーたる主演者の役割じゃないかと感じました。
あっぱれです。

後半はストーリーも驚きの展開があり、クライマックスでの音くり寿さんの一世一代、魂の演技が舞台上で炸裂し、すごい、凄すぎる・・と、感動の渦に巻き込まれました。
また、瀬戸さん、朝月さん、その他の皆さんが演じるキャラクターもとても良く作り込まれていて、お世辞ではなく、最高に素晴らしいと思いました。

フィナーレを迎えても感動の嵐は胸の中で抑えることが出来ないくらいの高鳴りを覚え、最後には私・・泣いてしまいました。
これだ、こういう「宝塚」を見たかったのだっ!!・・と。

悪いところなどまったく無く、瀬戸さん、朝月さん、花組の皆さんの魅力があふれる最高の舞台でした。
いいもの見せてもらいました。瀬戸さん、花組の皆さん、ありがとう素晴らしかった。

 

« 宝塚歌劇・宙組東京公演「イスパニアのサムライ/アクア・ヴィーテ!!」を観劇してまいりました。 | トップページ | 千葉市中央区の「きぼーる」に先生の絵を見に出かけた。 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 宝塚歌劇・宙組東京公演「イスパニアのサムライ/アクア・ヴィーテ!!」を観劇してまいりました。 | トップページ | 千葉市中央区の「きぼーる」に先生の絵を見に出かけた。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック