フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020/03/29

高島俊男氏の「本が好き、悪口言うのはもっと好き」を読んだ。

20200329_takashima_toshio001

『本が好き、悪口言うのはもっと好き/高島俊男著(ちくま文庫)』を読みました。
1995年に刊行されたものを1998年に文春文庫に収録、さらに、この「ちくま文庫」がそれを底本にして出来たものです。

とにかくこの著者の知識量はただ事ではありません。
身近な言葉から、新聞に、世間に使われている様々な言葉、そして歴史認識についても、我々が子供の頃から教わってきたことが薄っぺらで、いい加減なものであることを思い知らされました。

それらを事細かに書くと、このブログでも数十頁に渡ることになってしまいますので、私がこの本を読んで印象に残ったことを少しだけ。

多くの言葉と事物は、過去にもあって現在もある。しかし一部の言葉や事物は過去にはなくて、現在ある(あるいは生まれつつある)。また一部の言葉や事物は過去にあって、現在はなくなった。
と書かれていて、特に問題なのは、「最後の過去にあって、現在はなくなった」言葉、事物です。

「憲兵」「千人針」「玉砕」「闇市」などは現在にないのだから辞書に載せる必要はないという人がいる。・・ほんとうにたくさんいる。

・・私も、以前、部下から「あなたの使う言葉には、私の知らない言葉がある。私が二十数年生きてきて(たったの二十数年だよ(^_^;))一度も使わなかった、聞かなかった言葉なので、人間が生きて行く上で必要な言葉ではないと思われます。今後使わないでください。」と、言われたことがある。

思わず、「きみの語彙の無さ、知識の無さ、常識の無さに私のレベルを合わせることは出来ない」と言いそうになったが、「そんなことは私には出来ないよ」とだけ言ったことがある。

考えれば、その言葉を無くすことによって、いまわしい過去などが消える、またはその事象が無くなるなどと思っているおめでたい人がこの世に蔓延しているのではないかと、あらためて感じたのです。

「強姦」「戦争」「殺戮」「虐殺」などの言葉を辞書から消したり、平仮名まじり言葉にすると、世の中からそういう事象が無くなると思ってやしませんか。
残しておかないと、また起こるんだよ、そういうことが。だってそういう概念が消えてしまったり、過去の歴史まで抹殺してしまうんだから。

また、『まぜ書き』についても触れられていたが、「めい福」「被ばく」「えい航」「危ぐ」「駐とん地」「そ上」「破たん」「漏えい」などなど、著者同様、私も新聞などを読んでいて、イライラし、目眩がしてくることもある。

「子供」を「子ども」と近年表記するのも、「供」が“野郎供”みたいに野蛮だから平仮名にしていると聞いたことがあるが、本当か?!
「供」は単に複数の接尾語なんじゃないのか。
ほんとうに見ていて気持ちの悪いものだ。

などと怒ったり、がっかりしたりしつつ読んだわけだが、この本の内容は実に“濃く”て、このような話題はほんの些細なこととなっている。
知識の渦に巻き込まれたい方は是非とも読んでみて!凄い本です。

 

2020/03/22

森毅氏の「ベストエッセイ」を読んだ。

20200322_mori_tsuyoshi001


『森毅ベスト・エッセイ/森毅著・池内紀編(ちくま文庫)』を読みました。

著者、森毅氏は稀代の数学者。数学関係の著書ももちろん多いようですが、私が今回手にした池内紀編(※池内紀さんの編、というだけで間違いないっ!)のこのベスト・エッセイは、実に面白かった'(*゚▽゚*)'

文章自体も読んでいる人を引きつける独特のものがあるし、さらに著者の物事に対する考え方、対応の仕方が唯一無二というか、“目からウロコ”の斬新さでした。
最初に書いちゃいますけど、脱帽です。

未来のことを考えるなら、十年先、二十年先がどうなるかよりも、「今を疑え」、今の「異」に気付け!ということをおっしゃっていました。

私もよく思うことがあるのですが、今の常識や考え方、モノの見方などがまるで正しいという感覚でモノをしゃべったり、他人を批判したりする人がいます。
たしかに、こういうヤツがいちばん先の見えないヤツであることが多いd(^_^o)

「結局、そのときの現在に距離をおいたことだけが正解で、未来はさっぱり予測できなかったとも言える。」と森氏は書かれています。

「人間社会のあり方は十年もすれば変わるが、十年後を予測することはできない、というのが自分の歴史から学んだこと」と結んでいました。

まさにそのとおり。

今の状況にまったく疑いのないヤツなんかに現在も未来もわからない!そう思います。

その他心に残ったことは、

六十ごろで定年になれば、「会社ばなれ」。これからは、社会での位置づけでなくて、自分のあり方で生きていかねばならぬ。・・この言葉も身に染みます。

決して人生“斜に構え”ているわけではなく、でも、生真面目に真っ直ぐ生きるでもない、その絶妙な姿勢が私にはとてもいいものに感じました。

380ページ、あっという間に読みました。

 

2020/03/21

人から言われる前に決断を!

20200321_news001

ノルウエーのオリンピック委員会が東京オリンピックの開催延期を要請したとのこと。
当然のことだと思います。そのほかにも開催中止について声が上がってきているようです。

IOC(国際オリンピック委員会)も、日本側も、いい加減に決断して、現在オリンピック開催に向けて動いている人達に無理なことをしなくてもいいと伝えてあげればいいと思う。

人類の健康と生命のための行動が一番重要だということを言えばいいだけのことです。

世界中から新型コロナウィルス感染者(選手も観客も)を日本に一堂に集めて、日本で爆発感染拡大させ、それを世界中に拡散・お返しすることが世界を最悪の状態に導くことであると判断するのに時間は要らないです。

日本でも世界の各国でも、人を何万人も死に至らしめてまでやる必要のあるスポーツ大会はこの世界に存在しない。

「あきらめる」という言葉は、「明らかにする」という言葉が変化して出来たそうです。

今年のオリンピック東京大会を“あきらめ”て明らかになることは大きいことだと思いますよ。

そもそもなんで東京でオリンピックを開催せねばならないのか。

オリンピック自体の存在意義って何なのか。・・アメリカのスポーツイベントの放送のために、アメリカ一国の大手テレビ局のために真夏の炎天下で行うオリンピックは選手、観客の健康やコンディションのことなど全く考えていない・・。

誰のために、何のためにオリンピックを行うのか。

勝つために体内に異物を取り込んでまでする競技をしてそれに意味はあるのか。

“厚底の靴”を履いて長距離を走ったりしているが、ウエアや道具、器具など、もう人の基礎的な体力・技能などを競う段階を飛び越えていないか。何のために競技を行っているのか。

大会後に不要となる施設を大金を投入して、そしてその後の維持費も莫大なものがあるのに建設するのはいったい誰が喜んでいるのか、得しているのか。

一国、一都市で全ての競技を行う必要って、ほんとうにあるのか。

まだまだ、いくらでも出て来ます。

開催に大きな責任を負っている人は、早くに決断してもらいたいものです。

 

2020/03/16

猫 Jazz喫茶

20200316_jazz_the_cat001

前にも書いたかもしれませんが、うちの猫マロンは、jazzが好きです。
私が仕事から帰宅すると、玄関で出迎えてくれて、すぐに私を洗面所に案内し、そこで洗面台の蛇口からお湯を出してくれと、せがみ、白湯を一杯所望。

次に私の部屋に入り、オーディオセットの前に私を誘導し、「これを点けてくれ」と懇願。
さらに掛かる音楽は1950年代後半から1960年代前半のモダン・ジャズが好みのようで、他の種類のジャズを掛けても不満顔、あるいは声にて抗議。

一度は有線放送で演歌のチャンネルを掛けたまま私が部屋を出て顔を洗っていると、「これは全然違う音楽だ!」と怒りの声と表情で猛抗議!!(^_^;)驚きました。

こうして、私の椅子なのにマロンは自分専用の椅子だと思い込み、特等席の椅子でジャズを堪能するのでした。

 

 

20200316_jazz_the_cat002

短くても1時間。長ければ、2時間~3時間以上ジャズを聞いています。

不思議な猫です。

 

 

20200316_jazz_the_cat003

ここ数日は、私がハードオフで買って来た小さな木製コーンの付いたウッディなスピーカー(※写真の黒いBOSEのスピーカーの上に乗ってるやつ)でのジャズ・ボーカルなどにも気持ち良く聞き入っておりますd(^_^o)

私の部屋は猫専用のジャズ喫茶となりつつあります。
時々、自分が聞きたくてロックやその他ポップスなども掛けるのですが、マロンからは「それはちがうっ!」って抗議が入るので、猫様“御在室”の際には、なかなかジャズ以外の音楽が聞けない状況にあります…σ(^_^;)

で、フュージョンなど、私の苦手なジャンルのジャズは、マロンも苦手なようで、「ウェ~ッ」と辟易とした声をあげるのでした。・・気が合う・・(*^_^*)

 

2020/03/14

伊集院静氏の「女と男の絶妙な話。」を読んだ。

20200314_ijuin_shizuka001

『女と男の絶妙な話。/伊集院静著(文藝春秋)』を読みました。
伊集院さんは、この一月にくも膜下出血で倒れ、緊急手術をされたと報じられていましたが、現在は後遺症もなく、順調にリハビリをされていると聞きました。
中断されていた小説や連載も随時再開予定とのことでうれしくなりました。

そんな伊集院さんの表題の本。

今回も面白く読みました。

この本は週刊文春に連載され、読者からの質問に対し、伊集院さんが思うがまま、一切の遠慮会釈のない回答が小気味よい、一刀両断的人生相談・・みたいな内容です(^^;)

まあ、今回も“ろくでもない”・・失礼、“輩”・・いや、失礼、皆様方からの伊集院さんを呆れさせ、怒りを喚起し、笑わせ、驚かせ、泣かせ、感心させる質問が集まっておりました(^_^;)

これを読んでいると、夫婦というものがどういうものなのか、人生ってどういうものなのか、真面目すぎる人と、いい加減過ぎる人からの両極端な質問と、伊集院さんの間髪を入れない豪快な回答が楽しい本でした。
いやもう、あっという間に読み終えましたよ。

伊集院さんの回答には、私が思うに「人の一生なんて、どうなるか誰にも本人にもわからない」、真面目に生きることも大事だが、「自分の思うことを一所懸命、ただひたすらやって生きて行くことが大事」、そして「男が女を好きになるのに一々くだらん理屈をつけるな」というようなことが書かれていたと思います。

男は死ぬまで男でしかない。

すぐに役立つものはすぐに役立たなくなる。

女の気持ちと山の天気はすぐに移ろうもの。

惚れて通えば情も通じる。

旅は私たちに与えられた最上の贈物である。

などなど、今回もありがたいお言葉を頂戴して読了しました。
伊集院さんが早く快癒され、また読者からの質問に対し豪快な回答をぶちかましてくれることを願いながら、今回のブログはおしまい。

 

2020/03/11

外山滋比古氏の「ことわざの論理」を読んだ。

20200311_toyama_shigehiko001

『ことわざの論理/外山滋比古著(ちくま学芸文庫)』という本を読みました。
2007年第一刷発行後、2015年までに八刷となっていますので、売れている本だと思います。

特に印象に残ったのは、なぜかというか、当然というか、日本にある「ことわざ」と同様の内容を持つ「ことわざ」は外国にもあるということです。
人間っていうものは、国の別を問わず、同じ様な教訓めいた「ことわざ」を聞き、感銘を受けたり、影響を受けたりするものだ・・と思いました。

たとえば、「船頭多くして船山に上る」って、イギリスでは「コックが多すぎるとスープが出来損なう」と表現しています。
エジプトでは、日本に似ていて、「ふたり船長のいる舟は沈む」なんてことになっていて、洋の東西を問わないようです。

また、「ことわざ」って、同じものを別角度から見るという視点も持っていて、

「人を見たら泥棒と思え」って言ったかと思うと、「渡る世間に鬼はない」などと正反対のことを言っています。
ようするに自分の置かれた立場、環境によって「ことわざ」から得る教訓も変わるってことですよね。
この“加減”ができない人が“融通の利かない”ヤツってことになるのでしょう。

「ことわざの“論理”」なんてタイトルなので、もっと難しいことが書いてあるのかと思ったのですが、身近な話題から例をとる、読みやすい本でした。

「名著を読んだら著者に会うな」なんてのもありましたが、そうかもしれないなぁ、などと思いつつ読み進んだのでした。

楽しく読めて、参考になる、そんな本でした。

 

2020/03/05

山本甲士さんの「ひかりの魔女 ~にゅうめんの巻~」を読んだ。

20200304_yamamoto_koushi001

『ひかりの魔女 ~にゅうめんの巻~/山本甲士著(双葉文庫)』を読みました。

著者山本甲士さんの本については、「ひなた弁当」「わらの人」「戻る男」「俺は駄目じゃない」「ひかりの魔女」などを読んできました。

「わらの人」を読んだ時のブログに掲載した感想文については、著者山本さんから直接、私が疑問を抱いたタイトルの謂われについてメッセージをいただいたりして感激したのですが、今回も読んでいるあいだずっと心に何か染み渡るものがありました。

今回の本については、以前、私が「ひかりの魔女」の第一弾を読んで感動していたのを妻が覚えていて、この第二弾を買ってきてくれたのです。
こんな形での第二弾との出会いも、この「ひかりの魔女」らしい感じがします。
偶然なのか、必然なのか、どちらでも“出会い”というものは大事です。本でも人でも、出来事でも、その“出会い”を大事にしたいものです。

この物語の主人公のお婆ちゃんが行くところ、そして出会う人達、皆がささやかな幸せにつつまれます。

そのささやかな幸せにつつまれる人達は、「真崎ひかり」という主人公のお婆ちゃんを通じて物語中どこかでつながっているのですが、喫茶店を営む引っ込み思案の独身女性、社内クーデターによって会社を追われた元社長、倒産寸前の町工場を営む中年夫婦、ラーメン屋の経営に失敗して車上生活を送る男性、などが“ひかりの魔女”と知り合うことによって、何か人生の「ヒント」を得て、人としてささやかだけど幸せ、つつましいけど豊かな家族との生活にめぐりあいます。

それぞれのエピソードを読んでいるだけで、なんだか涙が出てしまうのです。

この本は、私が人間ドックで何度もある待ち時間に読んでいたのですが、待合の椅子でこの本の世界に入り込み、気づくと泣いていました。
人の幸せってなんだろう・・と、この歳になってあらためて再確認することになるのでした。

読後も甘酸っぱくて、つんとくる幸せ感が広がりました。

世の中の不条理や、世知辛さ、人との付き合い方に小さな悩みを持っている“あなた”におすすめの漢方薬的な“お薬”となる本です。

 

2020/03/01

飯岡駅に先生の展示を見に出掛けた。

20200301_iioka_station001
JR飯岡駅舎に併設されている施設で私の中学時代の担任の美術の先生が作品展示をされていると聞き、「いいか、来るんじゃないぞ」と言われたので“行って来ました”(^_^;)
20200301_iioka_station002
今までも何度かこの会場で先生の作品を見て来たのですが、今回はなんだかパワフルな感じがいたしました。
20200301_iioka_station003
作品に対する意欲っていうか、気持ちっていうか、ぐんぐん前に向かって進んでいるように感じました。
20200301_iioka_station004
それに、今回はジャズを先生の持っているコーラルなどの独特のスピーカーで鳴らしながらという環境がとても“マッチ”しているのです。
このスピーカーについては、後日また、このブログ内でご紹介しますが、現在のオーディオにはない音でジャズが流れる空間・・素敵でした。
20200301_iioka_station005
写真も他に何枚も撮りましたので、インスタ経由などでもご紹介しようと思っています。
とりあえず帰宅して報告がてら急ぎアップいたします。

つらい状況ですが・・

20200301_newspaper001

新型ウィルスの感染拡大により、世の中とてもつらい状況になっています。
私の職場でも毎日体温を計り、身体の状況チェックリストをつけるようになりました。
もちろん建物の入り口や洗面所等には消毒液スプレーが用意されています。

私が愛する宝塚歌劇も本場宝塚でも、東京宝塚劇場でも公演が休止されました。

首相が会見をして、全国の小中高校の授業が停止されました。
現在の状況が一番の瀬戸際だからというのはわかりますが、いくら人と人が交わるのを避けても、流入するところを締めなければあまり意味が無いと感じます。

中国の特定地域からの流入でなければ、また個人の旅行であれば、入国できる状況になっていて、・・これは蛇口を締めずに流し込んで、流された中で交わるな・・って言っても、それはどうやっても交わってしまう、拡がってしまうでしょう。

少しは台湾を見習ったらどうでしょう。
トップの決断がかなり功を奏しているのを伝え聞きました。

そうこうしているうちに、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどが無くなるなどと“がせネタ”を流す輩も現われ、何十年も前の石油ショック以来の日本人的失態も見られ、なんてことだと思いました。

それでも、かの国から国賓を迎えようとするのはなぜでしょう。原因になっている国だよねぇ。
向こうから言ってくれないなら、「今我が国においでになっても、健康が心配でございます。またの機会に。」と、体よく断っても誰も文句を言わないでしょう。向こうだって“渡りに舟”ですよ。

もうひとつ、こんな状況でオリンピックを開催したら、各国から来る選手にとっても、観客にとっても、日本国民全体にとっても悲惨な状況になることは間違いないと思いますよ。
「オリンピックで元気をだそう」なんて状況ではとっくにないんですから。

早いうちに開催断念をアナウンスして、発症・感染拡大の防止に全力を尽くしましょうよ。
それが日本にとっても、世界にとっても最良の方策だと思うのですが。
そして、世界中誰も文句を言うことはないでしょう。
「ああよかった」と思うことはあっても。

きょうは、いつもと異なり、ちょっと辛口で自分が思っていることを書きました。
ほんとうは私のように思っている人って少なくないと思いますので。

 

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック