フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 高島俊男氏の「本が好き、悪口言うのはもっと好き」を読んだ。 | トップページ | こういうときにどうすればいいのか »

2020/04/04

「自分のことは話すな」を読んだ。

20200404_yoshihara_tamao001

『自分のことは話すな/吉原珠央著(幻冬舎新書)』を読みました。

[仕事と人間関係を劇的によくする技術]と、副題がついていて、その多くはビジネスシーンでの会話の“きも”について書かれています。

基本的に書かれていることは、「雑談上手」が大切だなんてことはない。
雑談の内容から無駄なものを省け、無駄な部分だけで年間何時間になると思う!?

自分のことばかり話すな。自慢話が終わらないかなと、相手は待っている、困っているぞ。

相手がせっかく話し出した話題を、自分にも経験があるからって、横取りするな。

時にはそこまで突っ込んでよいのか、という質問もアリだ!
そこからどう相手との関係が、ビジネスが進展するかわからんぞ。
でも、それには細心・最深の注意深さが必要だ。

・・まだまだいっぱい書かれていましたが、読んでいて、私も身に覚えのある悪い点がいくつもありました。
自分の趣味や、得意な話になると、つい話が長くなり、相手に無駄な時間を過させている・・いやもうまいった…σ(^_^;)

“ごますり”と思えるくらいの相手に対する“ほめあげ”の実例が挙げられていましたが、私には“歯が浮く”ような印象でした。でも、きっと著者のようなすっきりさっぱり、ぐぐっと前に出てくるような方が使うと効果抜群なのでしょう。

実は、最近仕事上の「会話」に悩んでいます。
現在は“客商売”というか、カウンターを挟んで様々なやり取りをする仕事をしているわけですが、相手方は最初からこちらの“揚げ足を取る”ような態度で接してくる人の割合が今までの職場よりも多く(地域性があるようです)、親切が裏目に出たり、ガツンとやられて、数日間悩み、身体の具合が悪くなることも“しばしば”です。

・・なので、この本を手にしてみたわけです。
参考にはなりましたが、著者のように、ものごと真っ直ぐに、前向きに見られるわけでなく、もうひとつ自分には工夫が必要であると感じました。

でも、この本に書かれていることは、ある意味とても「基本的」なことであり、心がけていると役に立つことばかりでした。
いくつもの事例が掲載されていましたので、記憶にとどめ、利用してみたいと思います。

 

« 高島俊男氏の「本が好き、悪口言うのはもっと好き」を読んだ。 | トップページ | こういうときにどうすればいいのか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

仕事で生き生き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高島俊男氏の「本が好き、悪口言うのはもっと好き」を読んだ。 | トップページ | こういうときにどうすればいいのか »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック