フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「本棚・ヒヨコ舎編」を読みました・・見ました。 | トップページ | 「杉原千畝 情報に賭けた外交官」を読みました。 »

2021/03/29

岩のように動かなかったが動いてみた…σ(^_^;)

202103296_dripper_001

4年ほど前だったでしょうか、長男が私の誕生日に「KALDI」の珈琲ミルと、袋に入った市販の珈琲豆を買って来てくれました。

独身の頃に一時期、自分で珈琲を淹れたこともありましたが、もうウン十年も家ではインスタント・コーヒーで過してまいりました。

せっかく、もらったので、豆を挽き、しまい込んでいた「KALITA」の陶器製ドリッパーを引っ張り出してきて、珈琲を淹れてみました。
淹れてみると・・これはけっこう“豆を挽く”作業もなんだか楽しいし、インスタントよりも美味しいし(*^^*)家族はよろこんでくれるしで、すっかり日々欠かせないことになりました。

そこで、職場の同僚に美味しい珈琲屋さんで、しかも自家焙煎しているお店を教えてもらい、行ってみて、飲んでみて、豆を買ってきて自宅で淹れてみれば、・・いやもう美味しさは今まで味わったことのないものでした。

お店で飲んだ珈琲は、その豆の種類ごとに異なる味わいがありました。

なので、そのお店(千葉市中央区大巌寺町にある「じゃくう鳥」というお店)から、飲んでみて気に入った珈琲豆を次々と買ってきては、自宅で淹れてみて楽しみ始めました。

いまや、その豆は「じゃくう鳥ブレンド」「コスタリカ・グレースハニー」「ブルンジ・プロカスタ」「パナマ・ドンパチ・ティピカ」「ブラジル・ショコラ・ナチュラル」「エチオピア・シダモ・ウォッシュド」さらに、じゃくう鳥がお茶屋さんや、食べ物屋さんに卸しているブレンド「稲毛園・Allegro」「稲毛園・Adagio」「稲毛園・Vivace」「Thymons Blend」と手を拡げました。その卸しているお店まで買いに行っちゃうんです(^_^;)・・もう完全に“ハマり”ましたね。

 

 

202103296_dripper_003
それぞれの豆によって湯の温度を変えたりして楽しんでいたのですが、ついに「カリタ」の古いドリッパーと台形のペーパーフィルター以外にもいろいろあることが気になり過ぎて、同じ「カリタ」ではありますが、ウエーブ・ドリッパーとウエーブ・フィルター(※写真参照)を購入し、試してみました。・・まだまだ気になる「ハリオ V60」や「ORIGAMI」などというものがありますが、とりあえずこれでd(^_^o)
202103296_dripper_004

で、淹れてみると、かなり味わいが異なることに驚きました。
ドリッパーがあって、ペーパーフィルターがあるだけなのに、その違いだけで味や風味が変わるんですね・・。私の感想ですが、ウエーブ・ドリッパーを使うと、豆の性格がよりくっきりと現われてくるという感じがしました。

でも、普通の今までの陶器製の古いカリタのドリッパーも“安定と信頼と実績”を感じさせるものがあり、捨てがたいです。例えが悪いかもしれませんが、古いドリッパーは、セーターを着ている感じ、ウエーブは、軽快にシャツで外に飛び出した・・みたいな感じ。
どちらもそれぞれに持ち味、良いところがあるのです。

今、それぞれの豆に両ドリッパーを試して、その違いを楽しんでいます。
また、日々の楽しみが増えちゃった'(*゚▽゚*)'

というご報告でした。ただうれしがっているだけです・・。

 

« 「本棚・ヒヨコ舎編」を読みました・・見ました。 | トップページ | 「杉原千畝 情報に賭けた外交官」を読みました。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

日々発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「本棚・ヒヨコ舎編」を読みました・・見ました。 | トップページ | 「杉原千畝 情報に賭けた外交官」を読みました。 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック