フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「いちいち気にしない心が手に入る本」を読みました。 | トップページ | 官房長官の会見、いつも見ていて思うこと »

2021/04/05

伊集院静さんの「ひとりをたのしむ」を読みました。

20210405_ijuin_shizuka_001

『ひとりをたのしむ 大人の流儀10/伊集院静著(講談社)』を読みました。

このシリーズの最新刊です。
なので、コロナ禍での否応なしの「ひとりで生きることとの向き合い」についても書かれていました。

伊集院さんは、「コロナに負けてたまるか」というのが基本姿勢で、「“WITH コロナ”という発想を今までも、これから先も持つつもりはない。」とおっしゃっていて、これは私も同感です。
「あの人もひとりで耐えている。ひとりを経験したから(伊集院さんは去年倒れて復帰したばかり・・私も倒れて復帰した直後です)、そう考えられるようになった。その心境を言葉に、歌に、詩歌に、舞台に、戯曲に、小説に、絵画に、彫刻に、舞踏に活かす何かがあるはずだ。」とのことでした。
これにも同感です。

それから、ひとりにならざるをえない人も大勢いるが、敢えてひとりで生きようとしている人もかなりの数だと。
“ひとりで何かを楽しむ”ためにどうするか、それは自分を肯定できる性格と慣れを持つことだとおっしゃっいます。
「ひとりをたのしむ」ことができるのは、誰かの力ややさしさが介在しているからだ、ということを忘れぬようにと言葉を添えています。そのとおりだと思いました。

で、その他気になったトピックをいくつか挙げてみます。

伊集院さんは、“学校閥”に属するのが嫌いだ、とおっしゃっています。
それは一流大学の者が大半で、同時に一流に属していない人から見ると排他的であったり、上から見られている嫌な感触があるからではないか・・と。
「己の力量でもない傘の下で、雨、風をしのぐのは大人の男らしくない。」と書いていて、またまた同感しました。

「そこに属さない人(自分もそうだが)から見ると、その集団は、やはり眉根にシワを寄せたくなるのである。」「妙なことを書いていると思う。」「ただ、何人か、わかる人もいると確信する。」とおっしゃっていて、私はその“何人か”です。

もうひとつ、

「△△って何のことだかわかりますか?」

「××がなぜああなるか知っていますか?」

という話し方をする人がいる。それが気にかかる、というわけです。

訊かれた人がその答えを知らなければ、そんなことも知らないのか、と相手を試しているように聞こえるし、仮に知らないとわかって、その答えを話し出せば、まるで相手より物事を知っているように見える。そういう話し方は下品で、傲慢にしか聞こえない。

というのが、伊集院さんの取り方で、私もこういう訊き方をする人が周囲にけっこういて、上記伊集院さんのように取り方の整理が出来ず、なんだかいつも嫌な気分になっておりました。

これを読んでスッキリしました。
ほんとうに面倒くさい人達でした。

まだまだ“溜飲が下がる”トピックがたくさんあったのですが、今回はこれまで。
伊集院静さんの新刊を読んでの拙い感想でした。
伊集院さん、いつもありがとうございます。

 

« 「いちいち気にしない心が手に入る本」を読みました。 | トップページ | 官房長官の会見、いつも見ていて思うこと »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

しみじみモード、私の気持ち」カテゴリの記事

些細な気になること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「いちいち気にしない心が手に入る本」を読みました。 | トップページ | 官房長官の会見、いつも見ていて思うこと »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック