フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「迷走生活の方法/福岡伸一」を読みました。 | トップページ | 太田和彦さんの「私の方丈記 70歳、これからは湯豆腐」を読みました。 »

2021/05/07

「きらめくジャンクフード/野中柊」を読みました。

20210507_nonaka_hiiragi_001

『きらめくジャンクフード/野中柊著(文春文庫)』を読みました。
例によってブックオフにて安価購入!
もともとは2006年に単行本として刊行され、2009年に文庫化されたものです。

この本では、ジャンクフードの概念は「色とりどりの雑多な楽しいもの」というイメージで書かれています。だから、表紙もそんな感じになっていて、私もその概念に賛成です(#^.^#)

著者はアメリカ人男性と結婚していたことがあり、その際にアメリカにも何年か居住していて、私の知らないジャンクフードのことについても書かれていました。

たとえば、「クラムチャウダー」。私にとっては、あまり“ジャンク”な感じはありませんが、アメリカでは、かなり“身近なジャンク”的なもののようであることが、わかりました。

それと、クラムチャウダーには、“二種類”あるということも知りました。

ひとつは「ニューイングランド・クラムチャウダー」。これは私たち日本人が一般的によく知っている、生クリームとミルクを入れて作るもの。

そしてもうひとつは、「マンハッタン・クラムチャウダー」というものだそうです。
生クリームとミルクの代わりに、缶詰のホールトマト、グリーンペッパー、ときにはケチャップもちょこって入れるらしく、ソーダクラッカーを添えていただくとのこと。
“ソーダクラッカー”って何だろう?!

はじめて知ったけど、マンハッタン・クラムチャウダーも美味しそう(*^_^*)
食べてみたいなぁ。

サンドイッチについても書かれていましたが、著者の友達のアメリカ人は、「サンドイッチにポテトサラダを挟んだりするのは変じゃないか!ぜったい変!!」と言われて著者は戸惑います(^_^;)

その理由は、ハムや玉子、ツナ、チーズなどは蛋白質で、パンという炭水化物との組み合わせはいいけど、パンとポテトは、どちらも炭水化物で、その組み合わせは邪道だというわけです。

私など、「うまけりゃいいんじゃないの」って思いますけど…σ(^_^;)
それに、ポテトサラダのサンドイッチって、うまいよねぇ~'(*゚▽゚*)'はずせないと思うんだけどなぁ。

というような面白いジャンクフードについての話題がたくさん書かれていました。

楽しくて、読んでいると“お腹が空く”、そんな本でした。
ごちそうさまっ!!

 

« 「迷走生活の方法/福岡伸一」を読みました。 | トップページ | 太田和彦さんの「私の方丈記 70歳、これからは湯豆腐」を読みました。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「迷走生活の方法/福岡伸一」を読みました。 | トップページ | 太田和彦さんの「私の方丈記 70歳、これからは湯豆腐」を読みました。 »

2023年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック