フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 【「インターネット上での広報へのアドバイスに?!」のお話/過去に会った人、過去にあった出来事について振り返る №13】 | トップページ | 【南先生の玉手箱_0036_生まれて51年 7回シリーズ[7の6] 】 »

2021/07/31

「おかわりもういっぱい -おなかがすいたハラペコだ②-/椎名誠」を読みました。

20210730_shiina_makoto_001

『おかわりもういっぱい -おなかがすいたハラペコだ②-/椎名誠著(集英社文庫)』を読みました。

あいかわらずの“椎名節”でした(*^_^*)

特に今回の本は、麺にこだわった文が多かったのですが、ソーメンについて「日本のソーメン界」はどうなっとんのだ!と息も荒い!(^^;)

たしかに「ソーメン専門店」などというのを椎名さんも私も見たことがない。
夏の一時期、ソバ屋などには「申しわけ」程度にソーメンが品書きに載り、でも椎名さんがいうとおり、なんだか量も少なく、缶詰のミカンが一個乗せられているだけで、つゆもおざなりだということで、それそのとおり・・と、感じます。

椎名さんはソーメン好きで、ソーメンのたれの作り方から、薬味のネギ、タンザクにした海苔、ニンジンやしいたけなどを細切りにして薄い醤油で煮たもの、卵を薄焼きにしてタンザクに切ったもの、アブラアゲをタンザクに切ったもの、などなどを美味しそうに挙げていて、読みながら「ソーメン食いたいっ!」と思ってしまいました(*^^*)

ラストの方で、海外に居る娘さんが日本に寄ったときに、お孫さん二人の誕生日祝いに、ソーメン・パーティーを大人5人、子ども3人の久しぶり再会家族で行う様子が書かれ、すっかりおじいさん扱いされている椎名さんが、ほんとうに幸せな時間だと言っているのが、うれしくなりました。

「しあわせ」って、こんなひとときのことを言うんだろうな、と、学生時代から椎名さんの「本の雑誌」から始まった、さまざまなエッセイや小説、冒険記などを読んできた私は思ったのでした。

我が家もいつまでも、そうでありたい・・、ひそかにそう願いました。

 

« 【「インターネット上での広報へのアドバイスに?!」のお話/過去に会った人、過去にあった出来事について振り返る №13】 | トップページ | 【南先生の玉手箱_0036_生まれて51年 7回シリーズ[7の6] 】 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

家族・親子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【「インターネット上での広報へのアドバイスに?!」のお話/過去に会った人、過去にあった出来事について振り返る №13】 | トップページ | 【南先生の玉手箱_0036_生まれて51年 7回シリーズ[7の6] 】 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック