フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 【大臣に会いに来る!!/過去に会った人、過去にあった出来事について振り返る №25】 | トップページ | 【南先生の玉手箱_0040_ 渡辺貞夫再発見 音楽演奏はうまくても感動はない】 »

2021/08/24

太田和彦さんの「ニッポン居酒屋放浪記 -望郷編-」を読みました。

20210823_ota_kazuhiko_001

『ニッポン居酒屋放浪記 -望郷編-/太田和彦著(新潮文庫)』を読みました。
平成11年に刊行された「日本の居酒屋をゆく 望郷編」を改題し、平成13年に文庫化したもので、著者の太田さんもまだ若く、風貌もちょっとコワイくらいです。

同行する編集者の方と“どんどん”あまり吟味せずにお店に入っていくような感じもあるし、だからハズレもけっこう多かった様子がうかがわれます。
今とはちょっと異なる感じもありました。

昼の食事も肉類をガンガンいってるし、夜は怒濤の“ハシゴ酒”!
近年の太田さんの飄々とした雰囲気はまだあまり感じられませんでした。

それでも酒、肴は地元のものを地元の食べ方でいただくあの感じは出ていて、太田さんらしさも感じることが出来ました。

太田さんは、あの椎名誠さんと全国を巡ってキャンプをしたり、焚き火を囲んで皆で酒を飲むということも過去にされていて、椎名さんのまずはビールを“ウグウグ”と飲み干し、ビールでウォームアップ後は、ただひたすらウイスキーでも焼酎でも、泡盛でも日本酒でも、酔うために“ぐびぐび”味わいもせずに飲みまくるという、そんな中にいた人なのに、酒を味わい、酒を感じつつの飲み方を淡々としていくその姿に驚きます。

特に日本酒を飲むときに、盃を持っていない方の手のひらを柔らかく開いて上に向け、身体に染み込ませるようにする仕草が私は好きです(^_^)

今回の「望郷編」でも、高松、那覇、仙台、熊本、壱岐、札幌、名古屋、博多、会津、神戸と“巡りまくり”です(*^^*)

全国の名物、名酒をいつものように美味しそうに紹介してくれる、たのしい本でした。

 

« 【大臣に会いに来る!!/過去に会った人、過去にあった出来事について振り返る №25】 | トップページ | 【南先生の玉手箱_0040_ 渡辺貞夫再発見 音楽演奏はうまくても感動はない】 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

お酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【大臣に会いに来る!!/過去に会った人、過去にあった出来事について振り返る №25】 | トップページ | 【南先生の玉手箱_0040_ 渡辺貞夫再発見 音楽演奏はうまくても感動はない】 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック