フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「癒やし」「ふれあい」「寄り添う」という言葉を使いたがる人・・特に公的機関。 | トップページ | 「ジョンたま」って聞いて・・自分には使えないと思った。 »

2022/01/14

「おじさん酒場」を読んだ。

20220114_yamada_mayumi_001

『おじさん酒場/山田真由美・文 なかむらるみ・絵(ちくま文庫)』を読みました。
フリーライターの著者、山田真由美さんと、イラストレーターのなかむらるみ さんが、いい感じの“おじさん”がいる酒場めがけて飲みに行き、ちょうどいい“おじさん具合”と、その酒場の様子を絵と共にルポするものです、早い話が!

いい酒場を紹介していて、やはり“いい酒場”には“いい具合”のおじさんがいるものです。
女性ふたりで酒場に入ってくると、物珍しいのか話しかけてくるおじさんは多い(^_^;)
「これ食べてみな」とか、「ここはアレをたのまなきゃダメ」みたいなことになります。
うまい具合におじさんを翻弄してリポートは進むのでしたd(^_^o)

著者山田さんが師匠と仰いでいる、居酒屋といえばの“太田和彦”さんとも遭遇します。
太田さんは、相変わらず、重くなく、しかも軽過ぎずの自然体で飲んでいます。
巻末では、太田さんと著者とイラスト担当のなかむらさんが鼎談を繰り広げてくれて、居酒屋の見つけ方、居酒屋での存在の仕方などを丁寧に、しかも軽々と教えてくれます。

読んでいて、これは!と思ったところを何箇所かご紹介したいと思います。

居酒屋での「出会いは絶景である」という言葉。
大袈裟かもしれませんが、“出会いという絶景”に浴すことによって、ひとは成長するのだというわけです。
単に生きているだけでは絶景には出会えない。人生の喜び、何か手応えのあるものと思えるようなものを求めていなければだめなんだ・・ということで、私も同感。
おじさんとの出会いも“絶景”なのです。

そして居酒屋では、組織や仕事、家庭から離れ、素の自分に戻ったおじさんたちが途端にイキイキとのびやかになる、と書かれている(^_^;)
よい顔で呑んでいるのでしょうね。
そして、陽気に呑んでいても、どこか感傷の気配がにじむ・・なんだかわかるような気がする(゚ー゚*)。oO

最後の鼎談で太田和彦さんが言っている言葉もおもしろかった。

酒と異性は似ているかもしれない。
好きか嫌いかで選べる。
「なんか好き」という理由にならない理由もあるし。

いい感じのお言葉だと思います(*^_^*)
私も理由は、はっきりと言えないが、「なんだか好き」っていうお酒と人がいます。


【Now Playing】 Please Consider Me / Kat Edmonson ( Jazz Vocals )

 

« 「癒やし」「ふれあい」「寄り添う」という言葉を使いたがる人・・特に公的機関。 | トップページ | 「ジョンたま」って聞いて・・自分には使えないと思った。 »

お酒」カテゴリの記事

書籍・雑誌その2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「癒やし」「ふれあい」「寄り添う」という言葉を使いたがる人・・特に公的機関。 | トップページ | 「ジョンたま」って聞いて・・自分には使えないと思った。 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック