フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「見なかった見なかった/内館牧子」を読みました。 | トップページ | 【ワサビと唐辛子で何かを試す二人/過去に会った人、過去にあった出来事について振り返る №69】 »

2022/01/20

「壁に耳あり/永六輔」を読みました。

20220120_ei_rokusuke_001

『壁に耳あり/永六輔著(講談社文庫)』を読みました。ブックオフで110円です(*^_^*)

これは永さんが連載していた「週刊金曜日」の『無名人語録』を一冊の『沈黙は金曜日』という本にして、さらにそれを文庫化し『壁に耳あり』と改題したものです。

永さんが日本中を旅していく中で耳にした“歯に衣着せぬ”本音のつぶやき、佳言、金言、放言などを集めたものです。
だから、なるほどというものもありつつ、思わず笑ってしまうもの、あまりにも正直な言葉などなどが(^_^;)いっぱいでした。

ほんの少しばかりご紹介すると・・

「勲章というものは、欲しがる人のためにあるんです」
・・そうなんですよねぇ、欲しがる人がいっぱいいるんですけど、何で欲しいんでしょうね。

「天才といわれる人は病気なんですよ。でも、それを治すと、普通の人になっちゃいますからね」
・・天才は、どこか病気というか、“壊れて”います。そこがその人の最大の魅力なんだけど、治そうとする人がいるんですよね、なんか生真面目な人が。

「テレビ見てるとさ、お友達同士のクラブ活動だね。仲良し同士がスタジオで宴会をやっているような番組ばかりだね」
・・数十年前でこの状態でしたが、今ではこのような番組が99%になりました。だから私はテレビを見なくなった・・。

「一番サギにかかりやすいのは、一応金は持っていて、出来ればもうちょっと増やしたいと思っている奴です。こういうのは根こそぎゴッソリいただけます」
・・これもまた、日々のニュースでまさに“餌食”になった人達のことが報道されています。金を持っているのに、まだ増やそうとするんだよね。
でゴッソリやられると、自分のことを“被害者”だと嘆くわけです。少しはニュースなどを見て学習すればいいのに。

「課長の私には責任がありません。責任がないということは、無責任ということです。」
・・みんなで責任を誰かになすりつけようとしているというのは、よく報道等でお見かけします。無責任なヤツらが責任を押し付け合っている様は実に醜い。

などなど(^^;)枚挙に暇がありません。

数十年前に書かれたものですが、世間さまはちっとも変わっていないという感じですd(^_^o)

 

« 「見なかった見なかった/内館牧子」を読みました。 | トップページ | 【ワサビと唐辛子で何かを試す二人/過去に会った人、過去にあった出来事について振り返る №69】 »

言葉」カテゴリの記事

書籍・雑誌その2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「見なかった見なかった/内館牧子」を読みました。 | トップページ | 【ワサビと唐辛子で何かを試す二人/過去に会った人、過去にあった出来事について振り返る №69】 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック