フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「壁に耳あり/永六輔」を読みました。 | トップページ | 古本の頁を繰っていて見つけるもの »

2022/01/21

【ワサビと唐辛子で何かを試す二人/過去に会った人、過去にあった出来事について振り返る №69】

20220121_wasabi_001

過去にあった人と出来事のシリーズ、まだ続いています。
以前にひょっとして書いたことがあったかもしれないけど、このシリーズを利用して再度考察いたします。

今回登場する二人とも上司、あるいは役職が上の人達。

最初の人は夕方突然、飲み会をするので来るようにとのことで、行きたくないけど仕方なくついて行きました。皆、肩を落としてついて行きました。

飲み会途中で「すごいことを知っている。ワサビをビールに入れると苦くなくなって飲みやすくなるんだ。そうだ、お店の人に言って小鉢にワサビを大量に盛って持って来てもらえ。」と言いだしました。

私は「えっ・・なんてことを」と思っていたら、その上司の一の子分が飛んで調理場に行きましたが、女将さんに何に使うのか聞かれ、正直に言ったら「そんなことのためにワサビはお出し出来ません!」と即座に断られました。・・そりゃそうだ、女将さんが正しい。

そしたら一の子分の男が「私がコンビニまで走って買って来ます」とお店を飛び出し、チューブ入りの練りワサビを買ってきてしまいました。

で、その上司は、全員のビールグラスに“じゅぶじゅぶ”とワサビを4㎝ずつくらい落とし、自らのグラスには入れない・・(T_T)

「ほら、飲め」と。 全員肩を落としながらそれを飲み・・

「ほんとですね、苦くない。ビールの味がしません。これは飲みやすい。」などとわけのわからない“おべっか”を言うのでした(^_^;)

せっかく人を誘って飲み会をして、こんなひどい目にあわせる・・。
しかも、“完全割り勘”!! 全部奢れとは言わないが、誘ったら料理のひとつでも皆にご馳走したらどうだ、と思いましたが、こういう人ってものすごいケチなことは共通しているのです。次にご紹介する人も同じだった。

私が考えるに、酒のたのしみ方も知らないし、こんな愚かなことをして、皆が自分に従うか試さないと安心できないのでしょう、これでますます嫌われるのにも気づかずに。

でね、コンビニまで走ってワサビを買ってきた男は出世しましたよ、こういうもんですd( ̄  ̄)

 

 

20220121_tougarashi_002

さあ、二人目。
またも同じような状況で、無理やり人を集めての飲み会でした。
焼き鳥屋での飲み会でしたが、大皿に焼き鳥各種の盛り合わせをその人は頼み、運ばれてくると、その大皿の焼き鳥全部に七味唐辛子を“ひと瓶”!ザァ~ッと掛け、焼き鳥本体が七味唐辛子の赤で見えなくなりました。

「こうやって食うのがいちばんウマいんだ。さあ食えっ。」・・だってさ。

「自分の取り皿に何本か取って、それに唐辛子を掛ければいいじゃないのっ!」と思いましたが、皆も無言・・。

ひとくち、口に入れた途端に皆「げほ、ごほ」とむせています。当然のことです。
それでも、前回にもいた“太鼓持ち”的なヤツが、「なるほどこんな食べ方があるんですね」と、わけのわからぬ“おべっか”を言う(^^;)・・・で、こいつもスピード出世しました。私にこれだけの“ゴマがすれれば”もうちょっと出世したでしょう。

この人も自分の言うことを皆がきくかどうか、こんなことでもしないと安心できないんでしょうね。
つまり、ほんとうは自分に自信がない。・・だから確認作業が必要になる。

で、皆を呼び出したのに、こちらも完全割り勘! (・_・; そういう人なんだよ。

結論が出ました。
出されたものは、どんなものでも飲み、食べ、「これはいい」などと感想を述べる(^_^;)
これで宮仕えはうまくいくっ!

私はやんないけどね。

 

« 「壁に耳あり/永六輔」を読みました。 | トップページ | 古本の頁を繰っていて見つけるもの »

過去にあった人、出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「壁に耳あり/永六輔」を読みました。 | トップページ | 古本の頁を繰っていて見つけるもの »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック