フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 怖いが、365日を振り返る。 | トップページ | 音楽は栄養ドリンク剤か、もっと強めの“クスリ”の一種みたいになってきた。 »

2022/01/02

「正しい恨みの晴らし方 -科学で読み解くネガティブ感情-」という(^^;)本を読みました。

20220102_nakano_sawada_001

『正しい恨みの晴らし方 -科学で読み解くネガティブ感情-/中野信子・澤田匡人著(ポプラ新書)』という本を読みました。新年から“なんつう”本読んどるんじゃ!という声が聞こえそうですが、暮れから読んでました…σ(^_^;)

“すんごい”タイトルです。年末、ブックオフに行ったときに発見!
この本の存在も知らなかったし、特に読みたいと思うようなものでもなかったのですが・・でも気になった(^_^;)
何度もその棚の前を行ったり来たりしながら、結局買っちゃいました(^^;)
要するに心の奥底では非常に興味があったということです。

中野信子さん(脳科学者)と、澤田匡人さん(心理学者)が交互にそれぞれ“脳科学の視点”から、と“心理学の視点”から表題のテーマに取り組んでいる構成でした。

とても深い考察で、ここで詳しく書くことなどはできませんが、私が感じたことのひとつは、羨み(うらやみ)→ 妬み(ねたみ)→ 恨み(うらみ) というルートが存在していて、多くの人がそれを持っているんじゃないか、ということです。

去年米国で話題になりましたが、インスタグラムが非常に若者に悪い影響を与えるものなのに、フェイスブック社はそれを知りつつ見過ごすようなことをした、っていう事案がありました。

簡単に言うと、インスタで“いわゆる”「リア充」的な写真を見ていて、自分を卑下して精神的苦痛の深みにはまってしまうことがある・・という話でした。

こういうことから羨みがはじまり、妬みに変り、やがて恨みに発展してしまう、というのがひとつのパターンじゃないかということです。
この本では、様々なケースを例に挙げていて、特に上記のことに限って書かれているわけではないんですよ。
話を少し簡単に書いてみたのです。

私が昨年、このブログで「過去にあった人、出来事」について“洗いざらい”書くという作業をしてみました。
これは単に“恨みつらみ”を晴らすというよりも、心の奥底にしまい込んでしまうよりも、一度事実を書き出してみたらどうだろう、と自分自身に問いかけてみたことから始めたものでした。
これは自分にとって“大きな効果”があったと、今にして思います。
心の霧が晴れました(*^_^*)
一度、“ひなた”に、心の中の『澱』を出して、日にさらして干してみる・・これは効果があると思いました。

それから、前述した「インスタのリア充写真」に羨みだとか、妬みを感じている人・・、私も「なんだこいつは」と思うこともありますよd( ̄  ̄)、でもねぇ、人間ってそんな“美味しいもの”ばかり食べて、“豪華なホテル”で休暇を楽しんだり、“素敵な洋服”を毎日着て、“美しい景色”の名所旧跡などを優雅に訪ね歩いているはずがないですよd(^_^o)

人は皆、毎日生きているだけで苦しみの中にいて、日々暮らしているだけでも大変なことだらけになっているのです。
恋人同士、夫婦についても、いかにも仲良さそうなインスタ写真が横溢していますが、あんた実態は・・わかりませんよぉ~っ・・(*^^*)

ということで、あんなの“うらやましがって”もしょうがないd(^_^o)
“オレはオレ”、“私は私”でお茶漬けでも食って、近所でも散歩してましょうや(゚ー゚*)。oO

ものすごく難しい問題を、“元も子もない”結論づけをして、新年第一回目のブログはおしまい(^-^)/☆


【Now Playing】 I've Just Seen A Face / The Beatles ( Rock )

 

« 怖いが、365日を振り返る。 | トップページ | 音楽は栄養ドリンク剤か、もっと強めの“クスリ”の一種みたいになってきた。 »

心と体」カテゴリの記事

しみじみモード、私の気持ち」カテゴリの記事

書籍・雑誌その2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 怖いが、365日を振り返る。 | トップページ | 音楽は栄養ドリンク剤か、もっと強めの“クスリ”の一種みたいになってきた。 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック