フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« テレビのコメンテーターなどが使う気になる言葉 | トップページ | 【朱に染まればわからなくなる/過去に会った人、過去にあった出来事について振り返る №70】 »

2022/04/04

「食べごしらえ おままごと/石牟礼道子」を読みました。

20220404_ishimure_michiko_001

『食べごしらえ おままごと/石牟礼道子著(中公文庫)』という本を読みました。

今までこのブログでも、いろいろな食べ物について書かれた本の感想を書いてきました。
私の得意というか、好きなジャンルは“B級”的な食べ物について書かれたものですが…σ(^_^;)

でも、この石牟礼さんの著書は、「ぶえんずし」、「笛ふき鯛の煮付け」、「らっきょうの即席しそ漬」など、いろいろな食べ物が登場しますが、それぞれの背景に“暮し”や“故郷”、“土地柄”、“家族”、“四季”などが見えてきます。

だから、単に食べ物の話では終わらず、石牟礼さんの想い出なども加わって、とても映像的な文章になっていると感じました。
そして、とても感情というか情緒にうったえるものがありました。

料理の味を想像するだけでなく、しみじみと人や風景の様子を味わうことになりました。

深くしみじみと、心と体の芯に沁みてくる本でした。読後も心地よい感覚がただよっています。

 

« テレビのコメンテーターなどが使う気になる言葉 | トップページ | 【朱に染まればわからなくなる/過去に会った人、過去にあった出来事について振り返る №70】 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

家族・親子」カテゴリの記事

建物・風景」カテゴリの記事

書籍・雑誌その2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テレビのコメンテーターなどが使う気になる言葉 | トップページ | 【朱に染まればわからなくなる/過去に会った人、過去にあった出来事について振り返る №70】 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック