フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« あまり気にしていなかった「サブスクリプション(※サブスク)」について考えてみた。 | トップページ | 「カキフライが無いなら来なかった/せきしろ×又吉直樹」を読みました。 »

2022/05/07

安野光雅さんの「空想亭の苦労咄」を読みました。

20220507_anno_mitsumasa_001

『空想亭の苦労咄/安野光雅著(ちくま文庫)』を読みました。

著者の安野光雅さんの名を知らない人でも、安野さんの絵を見れば「ああ、この絵を描く人!」と誰もが知っている安野さんの水彩画が思い出されます。

この本の中でも話が出て来ますが、以前NHK-FMの番組「日曜喫茶室」に安野さんは“ご常連”の立場で度々登場し、独特の語り口調で司会の「はかまみつお」さんと、ゲストの方々の語りに加わり、より話に花が咲くような“味のある”お話しをしてくださいました。

この本を読んで、安野さんはかなりの“落語好き”だということがわかりました。
幼少期や、戦争、芸術、闘病や死生観についてまでを自伝のように語るのですが、その多くを落語のネタになぞらえて、落語の語り口調でお話しをするように書かれていました。

こういう書き方をしている本は初めて読みましたが、なかなか面白いし、深い味のある話なのに、読んでいる側には、とても軽快な印象を与える文章でした。

安野さんは、“生きていること”を実に楽しんでおられた、と思いました。
安野さんと深く付き合いがある方が亡くなったときも、自分が亡くなるときはこういうふうにしたいな、ということも書かれているように感じました。
そして、安野さんは昨年、亡くなられました。

あのラジオやテレビでの語り口調、もう一度聞きたいと思いました。

そして何度読んでも面白いこの本、安野さんの想い出と共にまた読み返したいと思います。

 

« あまり気にしていなかった「サブスクリプション(※サブスク)」について考えてみた。 | トップページ | 「カキフライが無いなら来なかった/せきしろ×又吉直樹」を読みました。 »

想い出交錯」カテゴリの記事

書籍・雑誌その2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あまり気にしていなかった「サブスクリプション(※サブスク)」について考えてみた。 | トップページ | 「カキフライが無いなら来なかった/せきしろ×又吉直樹」を読みました。 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック