フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「落語家論/柳家小三治」を読みました。 | トップページ | 「医者の個人生活366日/米山公啓」を読みました。 »

2022/08/12

【はっPのアナログ探訪_0160: HEAVEN TONIGHT / CHEAP TRICK ( LP )】

20220812_cheap_trick_001

ほんとうにものすごく久しぶりにチープトリックを聞きました。
当時は人気ありましたねぇ、特に日本ではウケていた記憶があります。武道館公演もあったんじゃないでしょうか。

ロビン・ザンダーとトム・ピーターソンという“イケメン”二人と、リック・ニールセン、バン・E・カルロスという“特異”なキャラクター二人の四人は、まるで少女漫画の登場人物のようでした。

なので、日本でも女子中高生に“バカウケ”だったと思います。
演奏もしっかりしているし、歌もウマいし、曲もポップでハードな印象が好感を持てるし、日本の女子、いいセンスしていると思いました。

クイーンもイギリスよりもむしろ、当初は日本の方が熱烈なファンが多かったんじゃないかと思います。
チープトリックもクイーンも日本の方がその良さに気づくのが早かったように今になって思い起こしているところです。

 

 

20220812_cheap_trick_002

懐かしいアナログ・レコード盤で聞いてみると、ギターもドラムもサウンドが素晴らしい。
そして確実なテクニックを持っているバンドだと思います。

日本公演の様子もテレビ中継された記憶がありますが、ドラムのバン・E・カルロスがドラム・ソロに入ると、“野球のバット”くらいの大きさのスティックを持ってドカドカ叩いてお客さんの“度肝を抜く”プレイをしていたことも思い出しました。

 

 

20220812_cheap_trick_003

アルバムを通して聞いているところですが、よく出来た曲が多いです。
しかも、ライブでやってもいい感じになるような曲作りがなされていると感じました。
ギター・リフもカッコイイのが多い。

あの頃の(雑誌「ロッキング・オン」が売れ出した頃)空気を思い出しました。
次から次へといろいろなバンドがデビューし、目まぐるしくて、追いかけて行くのも大変でした。
「パリス」とか、「トーキング・ヘッズ」などもロッキング・オンで知り、レコード盤を手に入れましたっけ。

気分よく一枚聞いちゃいました(^_^)

 

« 「落語家論/柳家小三治」を読みました。 | トップページ | 「医者の個人生活366日/米山公啓」を読みました。 »

はっPのアナログ探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「落語家論/柳家小三治」を読みました。 | トップページ | 「医者の個人生活366日/米山公啓」を読みました。 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック