フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 横芝光町「ギャラリー笑虎」の南隆一個展に行って来た【その1】 | トップページ | 庭の木にとまり鳴いていた鳥、調べたら「ジョウビタキ」という鳥だった。 »

2022/12/11

横芝光町「ギャラリー笑虎」の南隆一個展に行って来た【その2】

20221209_shoko_06

前回に引き続き、横芝光町「ギャラリー笑虎」での私の中学時代の担任で美術の先生の個展について写真と共にご紹介です。12月13日(火)まで開かれています。

ギャラリー笑虎は“長屋門”の左右に分かれたギャラリーに作品を展示しているのですが、最初の不思議なうさぎの作品は、大きな門を入って右側の喫茶室のある方のギャラリー入口に展示されていました。

今までに見たことのない先生の世界でした。

 

 

20221209_shoko_07
こちらもあらたな世界観の作品です。夜空を泳ぐ魚と後ろには銚子の灯台が・・。
そして地上には母子と思しき人物。
私は個人的に気に入りました(#^.^#)
20221209_shoko_08
こちらは入口入って左側のギャラリーに展示されていた“ターンテーブル”状の作品。
モーターをつかってゆっくりと回転している・・これまた不思議作品。
20221209_shoko_09
こちらは喫茶室の障子窓にやはりモーター付きで回転する先生の作品。
障子越しに入ってくる光と作品の“コラボ”となっておりました。
20221209_shoko_10

最後の写真は喫茶室のあるギャラリー側から見た庭園。
大きなガラスで室内外を隔てているのですが、ここのテーブルから庭園を見ながら飲む珈琲は美味しい(*^^*)

最後に毎年作成されている先生のカレンダーを購入して帰宅いたしました。
年末の恒例行事となりました。

 

« 横芝光町「ギャラリー笑虎」の南隆一個展に行って来た【その1】 | トップページ | 庭の木にとまり鳴いていた鳥、調べたら「ジョウビタキ」という鳥だった。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

様々な交流」カテゴリの記事

建物・風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 横芝光町「ギャラリー笑虎」の南隆一個展に行って来た【その1】 | トップページ | 庭の木にとまり鳴いていた鳥、調べたら「ジョウビタキ」という鳥だった。 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック