フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 鮎川誠さんが亡くなった | トップページ | 東海林さだおさんの「ブタの丸かじり」を読んだ。 »

2023/02/01

【はっPのアナログ探訪_0170: ミセス・ブラウンのお嬢さん / ハーマンズ・ハーミッツ ( Single )】

20230201_hermans_hermits_001

このレコードは十数年前に職場の先輩から「もうレコード・プレイヤーも無いし、持っていてもしょうがないからあげるよ」ということで頂いたものです。

「ハーマンズ・ハーミッツ」というバンド名も、「ミセス・ブラウンのお嬢さん」という曲名も聞いたことはあったのですが、どんなバンドなのかも、どんな曲なのかも知りませんでした。

針を落として聞いてみると、なんかずいぶんと古い感じだし、サウンドも申し訳ないけど“さびしい”ものでした。
英国のバンドで、この曲は1965年に全米1位を獲得しているにもかかわらず英国ではリリースされていないようです。
このレコードをくださった先輩の年代でないと、この曲が売れていた頃の状況がわからないと思いますが、私の聞いた感じだと、こういうシンプルで歌詞などもはっきりと発音され、わかりやすい感じの曲が当時“ウケていた”のだな、と思いました。

 

 

20230201_hermans_hermits_002

歌詞カードに書かれていた紹介文を見ると、英国ではマンチェスター発のこのバンドと、リヴァプール発のビートルズが人気を分けていた・・というような書きぶりなので、かなりの人気グループだったのでしょうね。

曲の解説文は、「DJ高崎一郎」さんとなっています。古いレコードを手に入れると高崎さんのお名前での解説文をよく見ます。

何度か聞いてみると、だんだん曲の良さがわかってきましたよ(*^^*)
“しょぼい”と思ったギターの音も、「なんだかこの曲調に合っているよな」と思い直しました。
不思議なもので、ヒットしたのも頷けるような気になってきました。

 

 

20230201_hermans_hermits_003

余談ですが、歌詞カードの裏側に「ビートルズに続くリヴァプールのエースは誰か?」などという「人気投票」応募券が付いていました(#^.^#)
これはひょっとして当時東芝でビートルズを担当していた高嶋弘之さんあたりの“仕掛け”かもしれないですね(^_^;)
リヴァプール出身のグループを盛り上げようとしていたのでしょう。

まだ数枚、先輩から頂いたレコードがあるので、今後少しずつ紹介していきたいと思っています。

 

« 鮎川誠さんが亡くなった | トップページ | 東海林さだおさんの「ブタの丸かじり」を読んだ。 »

はっPのアナログ探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鮎川誠さんが亡くなった | トップページ | 東海林さだおさんの「ブタの丸かじり」を読んだ。 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック