フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「新聞記者 司馬遼太郎/産経新聞社(著)」という本を読みました。 | トップページ | 毎日のように事故報告のあるダメカード »

2023/05/24

【はっPのアナログ探訪_0173: VENUS AND MARS / Wings ( LP )】

20230523_wings_001

ポール・マッカートニーがビートルズ解散後にソロとなり、やがてバンドを組み、それがウイングスでした。

当初は“荒削り”な印象の演奏でしたが、アルバム「レッド・ローズ・スピードウェィ」あたりから洗練されてきて、「バンド・オン・ザ・ラン」ではメンバー激減となりつつも、アルバムとしては成功し、そしてこの「VENUS AND MARS」です。

 

 

20230523_wings_002

新たにメンバーも加わり、ポールの音楽的な“閃き”が開花しているように感じたものでした。
様々な曲調のものがラインナップされ、ポールの“ポップ”ないいところも随所に出ていて、いいアルバムだと思いました。
アルバムジャケット内に、付録のようにシールや、ポスター大の写真が二つも入っていたりの大サービスです。
ジャケット自体も二つ折りで、内側にはカラーでメンバーの写真が・・。
「バンド・オン・ザ・ラン」が大ヒットしたので、このくらいの“わがまま”は軽く通ってしまったのでしょう。

久しぶりにアナログ・レコード盤で聞いてみます。

 

 

20230523_wings_003

最近は、いつもCD音源で聞くことが多いのですが、やはりレコード盤時代の作品なので全体的に各楽器の音が滑らかにつながっているような印象です。
それとポールのベースの音がとても良く聞こえます。
リッケンバッカーを使っている頃だと思うのですが、この楽器の音質の特徴もよく出ています。

コンサートを観に来ているような設定のアルバムの設えもポールらしく、懐かしい気分でいっぱいになりました。

 

 

20230523_wings_004

ポールのアルバム全体に言えることですが、意外とアナログ・レコードにも、デジタルの音源にもどちらにもマッチするような音作りがなされていると思います。
当時、特にデジタルをまだ意識していたわけではないと思いますが、きっとポールの好きなサウンドがどちらにも合うものだったのだと思います。

「バンド・オン・ザ・ラン」のアルバムについても、デジタル化した音源はとてもいいのです。

 

 

20230523_wings_005
今この「VENUS AND MARS」を聞いていると、当時は“キンキン”しているように感じた音が実にまろやかというか、角が取れた音に聞こえます。
キーボード(オルガンか)の音も、とても自然で丸みのある音です。
さらにウイングス特有のコーラスも流れるように、包み込むように、やさしく聞こえてきます。
20230523_wings_006
「ロック・ショー」「幸せのアンサー」「レッティング・ゴー」「あの娘におせっかい」(※あえて邦題のついているものは当時を思い起こして邦題で書きました。しかし、このアルバムのライナーには「レッティング・ゴー」は「ワインカラーの少女」とは書かれていません。シングル化されたときにこの曲については邦題が付けられたのかもしれません)などの曲が流れてくると、学生時代の自分に戻ってしまいます。
あの頃は、こういう曲が普通にラジオのスイッチを入れると聞こえてきました。
今考えると、とても贅沢な時代だなと思います。
20230523_wings_007
久しぶりにウイングスを結成したポールの絶頂期のアルバムを聞いて、ウキウキしてしまいました。

« 「新聞記者 司馬遼太郎/産経新聞社(著)」という本を読みました。 | トップページ | 毎日のように事故報告のあるダメカード »

はっPのアナログ探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「新聞記者 司馬遼太郎/産経新聞社(著)」という本を読みました。 | トップページ | 毎日のように事故報告のあるダメカード »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック