フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 永六輔さんの「老い方、六輔の。」という本を読みました。 | トップページ | 「造形あそび4人展」に出かけた。 »

2023/07/03

「十二人の手紙/井上ひさし」を読みました。

20230703_inoue_hisashi_001

『十二人の手紙/井上ひさし著(中公文庫)』を読みました。
1978年に刊行されたものの文庫化です。
なので、今の時代には考えられない親子関係や男女関係、師弟関係、社会的な関係も背景に見え隠れしていましたが、それはそれ、その当時はそうだったのだと読み進みました。

十二人それぞれの物語が“行き来する”手紙形式で書かれていて、手紙自体が小説になっているのでした。

最初っから驚いたのは、読者である私もひとつの「手紙」として一通一通読んでいくわけですが、まさかその手紙に書かれていることがまるで嘘だったり、行ったり来たりのものだと思っていると、実は一人で双方向の手紙が書かれていたり、中には手紙ではなくて、申請書・届書の書式に書かれた提出物のみで人間ひとりの一生、人生が書かれていたり、私のようなすぐに人を信じ込んでしまうタイプの者には、十二ある物語の最後の方になってくると、「どこで騙しているんだろう」と疑心暗鬼になり、手紙を書いてる相手は架空の人物なんじゃないか・・などと頭の中が混乱し、心の中が不安でいっぱいになったのでした。

読んでいると、次はどうなってしまうんだろう・・と、いったん頁を閉じたりしつつ、でも気になって続きを読んだり・・^_^;・・結局最後まで読んじゃいました。

結果は・・面白かったです。でもちょっと身体に悪かった・・(^_^;)

 

« 永六輔さんの「老い方、六輔の。」という本を読みました。 | トップページ | 「造形あそび4人展」に出かけた。 »

書籍・雑誌その2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 永六輔さんの「老い方、六輔の。」という本を読みました。 | トップページ | 「造形あそび4人展」に出かけた。 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック