フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「最後の聖泉 誰も行けない温泉/大原利雄」という本を読みました。 | トップページ | 「夏彦の写真コラム」傑作選(2) 阿川佐和子編 を読みました。 »

2023/10/15

「叱る、だけど怒らない/永六輔」を読みました。

20231015_ei_rokusuke_001

『叱る、だけど怒らない/永六輔著(知恵の森文庫)』を読みました。
もちろん古本で、発行は2004年となっていました。

内容は、TBSラジオで長くやっていた『土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界』という番組の活字化となっていて、中でも書かれていますが、“耳で聞く本”という感じです。私も番組はよく聞いていました。
この番組は、現在「ナイツのちゃきちゃき大放送」となって“帯”が残っています。

相変わらずの“永六輔節”です。
少し私が気になった部分を抜き出してご紹介いたします。

今でも感じることですが、国会での“くだらない敬語”について書かれていました。
「お訴えをさせていただきたい」だとか、「ご意見を賜りたい」だとか、そんなこと言ってる場合か! 「これはどうなっているんですか」「答えなさい」と素直に言えと言っているのです。私も今でもそう思う。

国民の代表が政府や行政に対して「へりくだり過ぎ」です。

三島由紀夫氏に、永さんが中村八大さんと二人で呼ばれて、「エノケンの良さというのは、ひと言でいうとナンなのだろう?」と聞かれ、「エノケンの唄はジャズなのに、日本語として理解できること。日本語なのに日本語と聞こえない歌手が多いなかで、これはすごいこと」と答えています。

歯切れが良くて、明快なエノケンの唄をよく表現していると思いました。
この時代ですでに“日本語に聞こえない日本語”と言っていますが、今やもう、日本人が日本人に対し、日本語で歌っているのに歌詞カードを見ないと何を歌っているのかわからない歌ばかりで私はそういうのを聞くと、ラジオのスイッチを切ってしまいます。

なんとかして日本語に聞こえないようにし、あわよくば英語に聞こえればという歌い方を聞くと、実に“みっともない”し、なんのために歌っているのかと思うのです。

業界用語についても書かれていました。

仲間同士でしか通じない言葉を発明して、他の人に通じないことを楽しんだり、仲間以外の人を批判や嘲笑したりするときに使ったり、隠語だったり、暗号・合図みたいだったり・・と言っていて、要するに「きれいな日本語」を使いたいということでした。

「ヤバい」はヤクザ用語です。堅気の者が使う言葉じゃありませんと。

作家の澤地久枝さんが、原稿料について若い編集者から「ぶっちゃけ、原稿料はコレコレなんです」と言われて、金額ではなく「ぶっちゃけ」と言われたことに憤慨して仕事を断ったエピソードも書かれていました。無神経な言葉遣いをする人の仕事はしたくないと感じたのでしょう。気持ちはよくわかります。

お店でお金のやり取りをするときに「〇〇円からお預かりします」という“から”も変だと書かれ、お釣りをもらうときに「先に“大きい方”から」と千円札を渡されたりするのも“大きい方”というのは普通、大・小便の分けに使われるもので食べ物屋さんなどでそう言われるのはどうもいけない・・と書かれています。
私もそう思っていました。

上記のようなことや、その他、永さんが出逢った人たちのことなど、エピソード満載の本、うなずいたり、ハッとしたりしながらあっという間に読み終えました。

 

« 「最後の聖泉 誰も行けない温泉/大原利雄」という本を読みました。 | トップページ | 「夏彦の写真コラム」傑作選(2) 阿川佐和子編 を読みました。 »

言葉」カテゴリの記事

些細な気になること」カテゴリの記事

書籍・雑誌その2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「最後の聖泉 誰も行けない温泉/大原利雄」という本を読みました。 | トップページ | 「夏彦の写真コラム」傑作選(2) 阿川佐和子編 を読みました。 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック