フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「昭和・東京・ジャズ喫茶 昭和JAZZ文化考現学」という本を読みました。 | トップページ | フリートウッド・マック(Fleetwood Mac)に再会した »

2023/10/05

【復刻版】Modern Jazz喫茶『 頑 固 堂 』⇒《Midnight Special / 1960》 Jimmy Smith

20231005_jimmy_smith_001
十数年前に作っていたホームページ“Modern Jazz喫茶『 頑 固 堂 』”のブログ版復刻です。
取り上げているのは、ジミー・スミスのアルバム、「ミッドナイト・スペシャル」です。
今回、再度聴き直して一部文言等を追加・修正いたしました。

Jimmy Smith/org
Stanley Turrentine/ts
Kenny Burrell/g
Donald Bailey/ds

①Midnight Special
②A Subtle One
③Jumpin' The Blues
④Why Was I Born
⑤One O'clock Jump

まず、“ジャケ”がいいです。
さすがジャケットでも他レーベルをはるかにしのぐブルーノート・レーベルです。こんなかっこいいジャケット、なかなかないです。

ジミー・スミスはオルガン奏者ですが、オルガンの音色はこれから秋を迎え、ちょっと物寂しくなる男心(女心でもよい)を暖かく、つつんでくれるような気がします。
冬などにホットチョコなどを飲みながら聞くと、心温まります。

あまり割れるような音は出さずにスムースな感じのオルガンで親しみやすく、このアルバムは当時けっうセールスが良かったようです。
一曲目からタレンタインのサックスと見事な絡みで、ジャジーな雰囲気満点でオトナのジャズを展開してくれます。もう、この曲で聞く人をつかんでしまいます。

二曲目はタレンタインのオリジナルで、左のスピーカーからまるで歌うようなテナー、やや右めのスピーカーからスミスのオルガンがマークするようについてきます。

三曲目は、チャーリー・パーカーの曲だったと思いますが、バレルのギターが管楽器的なフレーズを見事に弾きこなしています。タレンタインのテナーも歌いまくります。

四曲目は、スローなペースでテナーとオルガンがささやき合うように展開します。

五曲目は、軽い感じの音色で、オルガンが先頭を切って走り出します。テナーがそれを受け、やはり軽快かつ優雅にフレーズを吹きます。バレルのギターも甘く、苦いオトナの音色で迫ります。

このアルバムは、スミスのオルガン自体がけっこう軽快で、気楽に楽しめます。
また、タレンタインのテナーの奥深さも堪能できます。
そして、バレルのギターの音色も深く芳醇な味わいを醸し出します。
オルガン・ジャズ初心者にはうってつけのアルバムだと思います。

 

« 「昭和・東京・ジャズ喫茶 昭和JAZZ文化考現学」という本を読みました。 | トップページ | フリートウッド・マック(Fleetwood Mac)に再会した »

Jazz Album を CDで聞いていく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「昭和・東京・ジャズ喫茶 昭和JAZZ文化考現学」という本を読みました。 | トップページ | フリートウッド・マック(Fleetwood Mac)に再会した »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック