フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 映画「ポトフ 美食家と料理人」を見て来ました。 | トップページ | 「有名人の戒名」というムックを見つけ、読んでみました。 »

2024/01/07

「カキフライが無いなら来なかった/せきしろ×又吉直樹」を読みました。

20240107_sekishiro_matayoshi_001

『カキフライが無いなら来なかった/せきしろ、又吉直樹著(幻冬舎)』という本を読みました。古本で手に入れたのですが、又吉さんが初めて文を書いて本になったものだそうです。

一緒に書いているのは「せきしろ」さん、独特の妄想を広げる文体で活躍されている方。
2009年発行のこの本で、ここでは又吉さんと『自由律俳句』を書かれていて、これまた独創的。

他の又吉さんの本に、この自由律俳句をお二人で書き始めたきっかけが書かれているのを読んだことがあったのですが、どんなものなんだろうと気になっていたのです。

タイトルになっている 「カキフライが無いなら 来なかった」
というのも勿論又吉さんの自由律俳句です。
おもしろいなぁ~(*^^*)と思いましたよ。

季語も無ければ、七五調にもこだわらない・・これはいったいなんだろう・・という感じです。

せきしろさんの

「幼児の玩具が砂場で冬を越す」

「握った手が冷たくて キミはすまなそうな顔をした」

っていうのもなかなかいい!と思いました(#^.^#)

又吉さんの作でちょっと気に入ったのが

「似顔絵を見ると 嫌われていたことが解かる」

「電気のヒモが長ければと 布団で思う」

「自販機の下の硬貨をあきらめる」

も、私にはなんだか響きました^^;

自由律俳句というと 「咳をしても一人」 という有名な句を思い起こしますが、「尾崎放哉」の作品だそうで、私は「種田山頭火」の作と勘違いしておりました。
先ほど念のため調べたら尾崎放哉作とのこと、自由律俳句と山頭火が印象に強かったので間違えて覚えてしまったようです。

今度、自由律俳句の本を探してみようかと思っているところです。

 

« 映画「ポトフ 美食家と料理人」を見て来ました。 | トップページ | 「有名人の戒名」というムックを見つけ、読んでみました。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

書籍・雑誌その2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「ポトフ 美食家と料理人」を見て来ました。 | トップページ | 「有名人の戒名」というムックを見つけ、読んでみました。 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック