フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「龍を呑んだ写真家の 奇跡の写真/秋元隆良」を読み(見)ました。 | トップページ | 向田邦子さんの妹、和子さんがまとめた「向田邦子の恋文」を読みました。 »

2024/01/30

ホキ美術館の「第5回 私の代表作展」を見て来ました。

20240130_hoki_001

先週、妻と千葉市緑区にある《現代日本の写実絵画》で有名なホキ美術館に出掛けました。

『第5回 私の代表作展 -2023.11.23~2024.5.12-』という企画展を見るのが目的です。

ホキ美術館では、館を代表する作家による描きおろしの大作を3年に一度、「私の代表作」として、ギャラリー8という館内唯一の黒い床・壁・天井の部屋で、ひとり6メートルに区切られた空間に展示しています。

 

 

20240130_hoki_002

今回、たまたま知ったのですが、大畑稔浩さんという作家が「出雲風景-日御碕灯台」という名の作品を出していて、とても気になったのです。

出雲、日御碕は昨年私と妻が行って来たばかりのところ。
出雲も、日御碕も単に風景が素晴らしいというだけでなく、何か“神がかり”というか、私たちただの人には何だか正体のわからない、不思議な「気」のようなものを感じました。

その日御碕を描いた作品で、しかも大作というので、とても楽しみにしていましたが、期待どおりの作品でした。

横長で、あの日御碕の独特の海の色、白亜の灯台の美しさ、断崖の様子などが見事に描かれていて、その絵の前でずっと長時間見とれていました。

もちろん写真は撮れないので、その絵はご紹介できませんが、「日御碕灯台」以外にも、素晴らしい作品ばかりでした。

二時間ほどいましたが、とてもよい時間を過ごすことができました。
代表作展以外の作品も息をのむような、人物などは呼吸をしているのではないかと思うような絵が待ち構えています。

千葉市緑区あすみが丘にあるこの美術館、まだ未経験の方、ぜひ一度ご経験いただきたいです。

 

« 「龍を呑んだ写真家の 奇跡の写真/秋元隆良」を読み(見)ました。 | トップページ | 向田邦子さんの妹、和子さんがまとめた「向田邦子の恋文」を読みました。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

想い出交錯」カテゴリの記事

建物・風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「龍を呑んだ写真家の 奇跡の写真/秋元隆良」を読み(見)ました。 | トップページ | 向田邦子さんの妹、和子さんがまとめた「向田邦子の恋文」を読みました。 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック