フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0022【 短夜(みじかよ)に 2Bで推敲 下五(しもご)出ぬ 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0024【 妻がささえ 脚立で剪定(せんてい) ハナモモよ 】 »

2024/03/25

俳句を詠んでみる_0023【 啄木鳥(けらつつき) 真円の窓 番(つが)い居り 】

20240325_kitsutsuki_001

数年前に我が家にやってきたキツツキを思い出して一句。

【 啄木鳥(けらつつき) 真円の窓 番(つが)い居り 】

《背景》季語:啄木鳥[秋]
庭からコンコンと何か叩くような音がしていて気になっていた。
何日か後、外に出てみると庭の木にまん丸のきれいな穴が開いていた。
離れて観察していたら、二羽のキツツキが番(つが)いとなって、穴に出入りするのが見てとれた。
自宅でこの光景が見られたことに喜びを感じた。

 

« 俳句を詠んでみる_0022【 短夜(みじかよ)に 2Bで推敲 下五(しもご)出ぬ 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0024【 妻がささえ 脚立で剪定(せんてい) ハナモモよ 】 »

自然・四季」カテゴリの記事

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0022【 短夜(みじかよ)に 2Bで推敲 下五(しもご)出ぬ 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0024【 妻がささえ 脚立で剪定(せんてい) ハナモモよ 】 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック