フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0015【 涼風(すずかぜ)に ハーンの法螺(ほら)貝 セツの耳 】 | トップページ | 「芸人と俳人/又吉直樹・堀本祐樹」という本を読みました。 »

2024/03/18

俳句を詠んでみる_0016【 恋破れ オフィーリアに似た水中花 】

20240317_ophelia_001

今回は自らのことでなく、恋に破れた女性について詠んでみました。

【 恋破れ オフィーリアに似た水中花 】

《背景》季語:水中花[夏]
失恋した女性が、悲しみの中街を歩いていると、お店のディスプレイに「水中花」があった。
それを見て、自分はシェイクスピアのハムレットに出てきたオフィーリアみたいだなと沈む。
オフィーリアは、ハムレットの恋人として登場するが、父の命令でその愛をあきらめ、「尼寺の場」では狂気、錯乱、果ては小川で溺死。
野の花を配って歌い歩く狂乱の場も、最後の死の場面も自分のよう・・・と、あらためて水中花を見る。

 

« 俳句を詠んでみる_0015【 涼風(すずかぜ)に ハーンの法螺(ほら)貝 セツの耳 】 | トップページ | 「芸人と俳人/又吉直樹・堀本祐樹」という本を読みました。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0015【 涼風(すずかぜ)に ハーンの法螺(ほら)貝 セツの耳 】 | トップページ | 「芸人と俳人/又吉直樹・堀本祐樹」という本を読みました。 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック