フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「芸人と俳人/又吉直樹・堀本祐樹」という本を読みました。 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0018【 議事堂に雷(かみなり)落つ 天・立腹 】 »

2024/03/19

俳句を詠んでみる_0017【 春障子(はるしょうじ) すすと開ければ 木の葉パン 】

20240319_konoha_pan_001

木の葉パンって知っていますか?

【 春障子(はるしょうじ) すすと開ければ 木の葉パン 】

《背景》季語:春障子[春]
うららかな午後、冬が終わり春になると、指先で軽く開く茶の間の障子。
開けてみれば、卓袱台(ちゃぶだい)に「木の葉パン」。

千葉の旭、八日市場、銚子などでは、「パン」と言うと、この「木の葉パン」のことだそう。

小麦粉、鶏卵、バター、砂糖だけの原料でつくる素朴でふんわりホロホロとした食感の菓子パン。
ほのぼのとした、田舎の3時のおやつを詠んだ。

 

« 「芸人と俳人/又吉直樹・堀本祐樹」という本を読みました。 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0018【 議事堂に雷(かみなり)落つ 天・立腹 】 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

想い出交錯」カテゴリの記事

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「芸人と俳人/又吉直樹・堀本祐樹」という本を読みました。 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0018【 議事堂に雷(かみなり)落つ 天・立腹 】 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック