フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0017【 春障子(はるしょうじ) すすと開ければ 木の葉パン 】 | トップページ | 香山リカさんの『いまどきの「常識」』を読みました。 »

2024/03/20

俳句を詠んでみる_0018【 議事堂に雷(かみなり)落つ 天・立腹 】

20240320_gijidou_001
20240320_gijidou_002

十数年前、国会議事堂を上方から見る機会があり・・

【 議事堂に雷(かみなり)落つ 天・立腹 】

《背景》季語:雷[夏]
十数年前に国会議事堂の外壁クリーニングが終わり、さらに裏向かいに立つ議員会館も新しくなった。
当時、仕事で出入りしていた議員会館から議事堂を見ていると、案内していただいた守衛のトップの方から「議事堂の“てっぺん”を見てごらんなさい。以前、落雷があり、頭頂部に落ちた。下に行ってみると大きなかけらが散っていた。」との話を聞いた。
確かに頭頂部が欠けていた。
「国会の“ふがいなさ”に、天が立腹して一発落としたんじゃないのかな。」というそれこそきついお言葉だった。
今の国会を見てもそれは全く変わっていない・・と感じ、一句詠んだ。

 

« 俳句を詠んでみる_0017【 春障子(はるしょうじ) すすと開ければ 木の葉パン 】 | トップページ | 香山リカさんの『いまどきの「常識」』を読みました。 »

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0017【 春障子(はるしょうじ) すすと開ければ 木の葉パン 】 | トップページ | 香山リカさんの『いまどきの「常識」』を読みました。 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック