フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0059【 秋燈下 ひとり 対話会の片付け 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0061【 秋天に 登るベタ踏み 神近し 】 »

2024/04/18

俳句を詠んでみる_0060【 風涼し シーグラス求め 保田の浜 】

20240414_hota_003

ある日知ったシーグラスの存在、家族で海に探しに出たときの一句。

【 風涼し シーグラス求め 保田の浜 】

《背景》季語:風涼し[夏]
ビンなどのガラスの破片が波に洗われ、角が取れ、素朴な宝石のような輝きを持つものになって海岸に流れ着くシーグラス。
器に入れてもきれいだが、それを使ってちょっとした芸術的な作品にもなる。
妻、長女と鋸南町の保田海岸に出掛けた。
暑い日だったが、海からの風は一瞬暑さを忘れるような爽快感がある。
家族三人、色とりどりのシーグラスを集めた。

 

 

20240414_hota_002
20240414_hota_001

« 俳句を詠んでみる_0059【 秋燈下 ひとり 対話会の片付け 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0061【 秋天に 登るベタ踏み 神近し 】 »

趣味」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

オトナのグッズ」カテゴリの記事

建物・風景」カテゴリの記事

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0059【 秋燈下 ひとり 対話会の片付け 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0061【 秋天に 登るベタ踏み 神近し 】 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック