フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0055【 風光る きょうの日に生まれたあなた 】 | トップページ | 水木しげる先生の「ほんまにオレはアホやろか」を読みました。 »

2024/04/16

俳句を詠んでみる_0056【 夏の空 スカイツリーと傳法院 】

20240406_dempoin_001

浅草寺すぐ隣にある日本庭園からの光景が、新旧・面白い取り合わせだったことで一句詠みました。

【 夏の空 スカイツリーと傳法院 】

《背景》季語:夏の空[夏]
以前、浅草・傳法院の一般立ち入り解禁日にたまたまあたり、入場することが出来た。
立派な庭園、大きな池のある貴重な場所であることを知り、驚き、うれしくなった。
茶も振舞われ、のんびりした気分で池の向こう側に回り、庭園と傳法院を見ると、その背景にはスカイツリーがそびえ立っていた。
過去と未来が同時に存在しているようで、不思議な気分になり、胸中感動が湧いてきた。

 

« 俳句を詠んでみる_0055【 風光る きょうの日に生まれたあなた 】 | トップページ | 水木しげる先生の「ほんまにオレはアホやろか」を読みました。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

建物・風景」カテゴリの記事

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0055【 風光る きょうの日に生まれたあなた 】 | トップページ | 水木しげる先生の「ほんまにオレはアホやろか」を読みました。 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック