フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0081【 野を坂を 歩み這い出(い)で 薊(あざみ)原 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0082【 秋の日に ドライブ 宍道湖 波立つ 】 »

2024/04/30

「にょにょにょっ記/穂村弘」を読みました。

20240430_homura_hiroshi_001

『にょにょにょっ記/穂村弘著・フジモトマサル挿絵(文春文庫)』を読みました。
別冊文藝春秋の連載に加筆修正し、2015年に単行本化され、2018年に文庫版となったものです。

穂村さんのこのシリーズ本については、すでにこのブログで「にょっ記」をご紹介したことがありますが、まあだいたい似たような感じの本です(^^;)

目のつけどころが面白いというのが、この“にょっ記”シリーズですが、でも読んでいるこちらとチャンネルが違ってしまったりすると、「ちぃとも面白くない」ような文が続くことになります。
それがつらい・・(^_^;)

でも、この本に書かれていることくらい日常に感じている些細なことに興味を示したり、面白がったりしないと「短歌」なんか詠めないんだと思います。

私は、俳句も短歌も好きですが、短歌は面白いものはとてもいいのに、一旦「そんなことどうでもいいでしょ」と思ってしまうと「ちょっとやりすぎ、自分の感覚を押しつけ過ぎ」なんて思ってしまいます。
まさにこの本についてもそんな感じでした。

面白いところはメッチャ面白いんだけど、自分の感覚とあまりにもかけ離れているとまったく面白くない ^^;

というわけで、面白いところと面白くないところの比率は4対6となりました。

 

« 俳句を詠んでみる_0081【 野を坂を 歩み這い出(い)で 薊(あざみ)原 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0082【 秋の日に ドライブ 宍道湖 波立つ 】 »

書籍・雑誌その2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0081【 野を坂を 歩み這い出(い)で 薊(あざみ)原 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0082【 秋の日に ドライブ 宍道湖 波立つ 】 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック