フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0075【 バス停 ひとり待つ始発 冬の朝 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0077【 秋の蝶 そっと引く 彼の妻の掌(て) 】 »

2024/04/26

俳句を詠んでみる_0076【 白シャツ 雲 ビル ニコライそびえ立つ 】

20240418_nicholai_001

暑い日が続きます。ということで夏の季語「白シャツ」で印象に残っている光景を詠んでみました。

【 白シャツ 雲 ビル ニコライそびえ立つ 】

《背景》季語:白シャツ[夏]
お茶の水駅を降り、ニコライ堂まで歩く。
夏の青空にぽっかりと雲が浮かび、その下では白シャツの勤め人が行き交う。
高層ビルが立ち並ぶ都会の風景にニコライ堂がすっくとそびえ立っている。

 

« 俳句を詠んでみる_0075【 バス停 ひとり待つ始発 冬の朝 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0077【 秋の蝶 そっと引く 彼の妻の掌(て) 】 »

建物・風景」カテゴリの記事

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0075【 バス停 ひとり待つ始発 冬の朝 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0077【 秋の蝶 そっと引く 彼の妻の掌(て) 】 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック