フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0050【 神の住む 音なき春の 道を往く 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0052【 若鮎が獲れてございます それにしよう 】 »

2024/04/13

俳句を詠んでみる_0051【 春暑し 昼日中から 酌み交はす 】

20240413_haru_atsushi_001

春の暑い日に昼から一杯の様子で一句。

【 春暑し 昼日中から 酌み交はす 】

《背景》季語:春暑し[春]
春の汗ばむような暑い日、友と久しぶりに会い、昼間ながら、まずは乾杯となる。
そんな酒好きの友とのひとコマを詠んだ。

 

« 俳句を詠んでみる_0050【 神の住む 音なき春の 道を往く 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0052【 若鮎が獲れてございます それにしよう 】 »

お酒」カテゴリの記事

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0050【 神の住む 音なき春の 道を往く 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0052【 若鮎が獲れてございます それにしよう 】 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック