フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0064【 朝霞 エイトビートで 歩く道 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0066【 恋の果て 極月(ごくげつ)の屍(かばね) 愛の果て 】 »

2024/04/20

俳句を詠んでみる_0065【 春の風 恋文代わりの 花林糖 】

20240405_002_karintou

今回は「花林糖」をつかって詠んでみました。

【 春の風 恋文代わりの 花林糖 】

《背景》季語:春の風[春]
「誰々も来ますよ、出てこれますか?」と春の風のようにお誘いの連絡がきた。
そして集まった場で、「あ そうだ そうだ」とバッグの中から出てきたのは“恋文”ならぬ“ちょっぴり塩味”赤穂の天塩がかかった塩対応の花林糖。
彼女の心は読めぬまま・・・。

 

« 俳句を詠んでみる_0064【 朝霞 エイトビートで 歩く道 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0066【 恋の果て 極月(ごくげつ)の屍(かばね) 愛の果て 】 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

様々な交流」カテゴリの記事

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0064【 朝霞 エイトビートで 歩く道 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0066【 恋の果て 極月(ごくげつ)の屍(かばね) 愛の果て 】 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック